役立ち情報

【厳選】熊対策のおすすめアイテム4選。クマの生息地で被害に遭遇しないグッズ紹介(キャンプ・登山・滝巡りにも使える対処法)

熊の爪痕

熊の生息圏に入る時の注意点

・熊の行動時間帯である、夕方から早朝にかけて入山しない。

・ゴミを捨てない。必ず持ち帰る。ゴミは熊を呼び寄せる。

・音を発し、人間の存在を熊に知らせる。

人を襲って、命を奪う。

熊の脅威は、すでに皆さん、ご存知かと思います。

実はしっかり対策をすれば、熊に遭遇することは非常に少ないです。

必要以上に熊に対して怯えることはありません。

”絶景” を求めて全国の自然を旅し、約4.000箇所もの観光スポットを訪問した私は、一度も遭遇したことがありません。

しっかりクマ対策アイテムを多用していたからです。

今回の記事では、

・熊への対策・対処グッズ

・熊の生態・生息域

・熊に遭遇した時の対処法

について、お伝えしていきます。

熊の種類って? 日本にはヒグマとツキノワグマの2種類

ヒグマ

ヒグマの特徴(北海道にのみ生息)

・正式名称は、エゾヒグマ

・生息域:北海道の約半分(主に北部)。山地以外の野原にも出現の可能性。

・日本最大級

・最大 3m、体重 500キロ

・食べ物: 草や木の実などの植物。時にはシカやウサギなどの哺乳類や昆虫を食べる。

ツキノワグマの特徴(本州と四国に生息)

・生息域:本州と四国の山地

・最大 1.6m、体重 130キロ

・食べ物: 基本的にはヒグマと同じだが、ヒグマよりも植物食に依存している

熊の生息域は? → 九州以外に生息している

環境省の調査によると、北海道の約55%の地域はヒグマが、本州の約45%の地域にはツキノワグマが生息しています。

九州には熊がいません。四国に生息している熊は、剣山周辺のみ。

データだけで見てみると、日本の4割が熊の生活圏ということになります。

多いですよね。意外と どこにでもいます。

東京にだって、裏山に熊がいっぱい、という場所が存在します。

そう考えると、案外 身近な脅威に感じてきませんか?

熊の分布図の確認はこちら▼

クマ類の分布状況(ヒグマの生態@知床)

熊に襲われたら、どのくらい危険なのか

・嚙む力は、200~400キロ(人間の7倍)

・全速力は、時速50キロ(100mを約7秒のスピード)

・パンチ力は、ビンタ一発で人の首が吹き飛ぶほど

襲われれば ひとたまりもないですね。

命が助かったとしても只では済まないのは、言うまでもありません。

いつの時期が活動的? 熊の年間スケジュール

2匹の戯れるクマ

食べ物が豊富な春から秋のシーズンなら比較的に安全と言えるでしょう。

ただし、クマにとっての食糧難の時期や、ちょうどクマの繁殖期に差し掛かる時期には、被害に遭う可能性が ぐっと高くなります。

熊の年間の行動パターンをしっかり把握しておきましょう。

12月~3月 冬眠・出産

4月~5月(冬眠あけ)

前年に落ちた木の実や芽吹き始めた植物類を食べる。

6月、7月、8月(繁殖期)

昆虫類も食べるようになる。

9月、10月、11月(冬眠準備・食いだめ)

栄養価の高い木の実をモリモリ食べる。

人が襲われやすいシーズンとは?最も危険な月は、冬眠準備の9月・10月・11月。冬眠明けの3月も要警戒。

9月~11月が冬眠準備期間となっており、熊にとっては死活問題。とにかく必死です。

この時期に食べ物が少ないと、山のふもとの里に下りてきたりヒトを襲ったりする確率が、ぐっと上がります。

加えて、冬眠明けの子連れの熊は警戒心が非常に強く、3月も襲う危険性が高いとの意見があります。

春のはじめ秋の前後の熊の生息域では、慎重に行動することがベスト。

熊から身を守る、出会わないための厳選商品4つ

熊対策グッズ

オススメ商品を4つ紹介しますが、熊すず熊よけホイッスルは、絶体必需品です。

理由は最後でも説明しますが、自分のため、熊のため、そして次に来る訪問者のためにも所持しておいて欲しいです。

金額も1.000円以下と低価格からあるので、安価なモノでも持っておきましょう。

あるか ないかで、遭遇率がガクっと下がりもします。

【超重要】熊すず(熊鈴)・熊よけベル

正直、熊すずがないと、私は不安で山を歩けません。

山に入る為の最重要・必須アイテムです。

熊にも音が判別しやすい・しにくいがあるようです。

熊鈴にも色んな種類の音があるので、違う種類で複数個所持することをおすすめします。

安価なものを2個所持するか、高価な幅広い音が鳴る1個を所持するか、という選択肢もあります。

【重要】熊よけホイッスル(クマ専用が心強い)

普通のホイッスルではなく、“クマ専用” であることが重要。

私は防犯用のホイッスルを間違って購入してしまい、耳を傷めたことがあります。

耳に優しく、高音で遠くの熊に知らせることができるアイテムが必要でしょう。

熊撃退スプレー(熊よけスプレー)

万が一、熊と遭遇した場合、必殺の仕事をやってのけるのが、熊撃退スプレー。

山の深い場所に行く場合や、長期間クマの生息域に出かける場合は、持っておくに越したことはないでしょう。

FM/AMラジオ(防災対策を兼ね備えたものがオススメ)

ポケットラジオでもスマホのラジオでも悪くはないですが、熊がいる山奥に行くのであれば、防災用のラジオがおすすめ。

受信力に優れ、長時間使用でき、懐中電灯としても使えると なお良いでしょう。

緊急時のお助けグッズにも早変わり。

登山やキャンプをする場合は、必須アイテムです。

万が一、熊に遭遇した時の対処法

熊出没注意の看板

20~50mの至近距離に熊がいる場合の対処法

・目を合わせないよう背を向けず、ゆっくりと後退する

・熊撃退スプレーを所持している場合は、後退後、準備する

・安全圏まで後退したら立ち去る。決して遭遇した場所に戻らない

出会いがしらの遭遇で、20m以内に熊がいる場合の対処法

・静かに、落ち着いて両手を大きく振りながら後退する

・熊を見て、穏やかに声をかける

・敵意を示すようなら、熊撃退スプレーを全量噴射させる

熊に襲われてしまった場合

・首を両手をで覆い、身体を丸めて地面にうつ伏せになる

・襲うのをやめたら、直ぐに立ち去る

絶体にやってはいけない、逆効果の行動・NG行動

・死んだふりでやり過ごそうとする

・大声を出す

・全力疾走で逃げる

・石投げをする

本当に危険? あまり知られていない熊の生体

タイヤで遊ぶクマ

散々、熊への注意喚起を書き連ねてきましたが、熊は基本的に臆病な動物。

ヒトを襲うことは稀です。

とは言え、襲われる確率はゼロとは言いません。

極限の空腹状態の熊や、子連れの熊なら防衛本能で襲うことがあるようです。

例年、熊の被害でニュースを賑わせていますよね。

熊は臆病な生き物。ヒトがいることを知らせてあげれば回避できる。

ヒトがいることを知らせる音や臭いがあれば、熊の方から立ち去ってくれます。

音を出したり、視界に熊がいないか注意すれば、よっぽどのことがない限り、熊との遭遇は回避できます。

熊すずの装着はもちろんですが、熊よけホイッスルを頻繁に鳴らすことは、自分の身を守るだけではなく、次に訪問する方の安全対策でもあります。

次の訪問者から熊を引き離す思い遣り行動です。

熊すず、熊よけホイッスルを活用することは、最低限の森のマナーと言えるでしょう。

そういった意味でも、熊すず熊よけホイッスルだけは、絶体に所持しておいて欲しいです。

登山やキャンプ、滝巡りなどに出かける前に、まずは熊対策グッズをしっかり揃えて、思いっきり自然を満喫してましょう!