MENU

自己紹介

絵空のプロフィール

はじめまして、絵空です。

ひとりクルマ旅が大好きな30前半の九州男児です。

現在は四国在住です。仕事が休みの週末には、四国・中国地方中心に旅しています。

2019年に3か月間のクルマ日本一周を敢行しました。

私のブログでは、人気・定番の観光名所から秘境・マイナー・B級スポットまで、絶景スポットをメインに投稿していきます。

一番の得意分野はです。

旅の心得

クルマ旅がメインです。

クルマで行けるところまで突き進み、後はからだ一つで山に登ったり、谷を歩いたり、川を渡ったり、川に落ちたり…

結構ワイルドに活動しています。

会社勤めで時間が限られているので、効率的な訪問・時間の有効活用が得意です。

車中泊や節約を活用し、できる限り経済的に運用を心がけています。

個人の実績数値

・2019年10月から2か月間日本一周を敢行。約600か所を訪問。

・一日の観光スポット訪問数:平均12か所

・一日の観光スポット訪問数:最高25か所くらい

旅の目的 ~人生をより豊かに~

旅には”憩い”とか”安らぎ”とか、色々種類がありますが…

を目指して旅(冒険?)しています。

・いかに絶景に出会えるか

・いかに感動を体験できるか

からだが悲鳴をあげるながら、ようやく訪れる絶景

思い返せば…

・クルマで未舗装の山道をひたすら上り、クマの出現に怯えながら恐る恐る歩くこと40分…、秋田県の”安の滝”

・大雨と強風を受けグラグラ揺れながら、薄い板を震えながら渡った静岡県の”寸又峡 夢の吊り橋”

・往復4時間の山梨県、西沢渓谷の”七ツ釜五段の滝”

・究極の社会科見学?地中都市さながら、埼玉県春日部市の”首都圏外郭放水路”

・見知らぬ道に迷い込みながら、3度目の正直でたどり就いた熊本県阿蘇の”清水滝”

・一度目はうっかり見落としてしまい後悔していた静岡県熱海市の”MOA美術館”の円形ホールの万華鏡、巨大マッピング

・クルマを降りてバスに乗り…、おサルさんの多さと川の透明感にビビった長野県の”上高地”

・未舗装の道を突き進み、アキレス腱を痛めながらはだしで滝登りしてたどり着く、北海道知床の”カムイワッカ湯の滝”

・哀しみが漂う絶景、ゆっくりと失われゆく黄昏の地、北海道根室の”トドワラ”

たどり着くまでの苦労と困難、そして絶景の数々…

感動が、活力を、日々、想い返せば私に与えてくれる。

形には残らない、目には見えない、大きな”財産”

人生は間違いなく豊かになるはず。

元々は引きこもり気質

20代前半までに趣味は、

映画鑑賞

 最高で一日14本観る程の映画狂人。

 大学4年間でたぶん1600本は観たんじゃないかな。

マンガの読み漁り

 週末はネットカフェの住人だったかな。

 何度ナイトパックで朝まで読み明かしたことか。

・たまに読書

 自己啓発、ビジネス本が中心。

 たまに文字数が少なくて視覚的に楽しめる旅行本やファッション誌を眺めていたかな。

音楽鑑賞

 洋楽にドはまりしてたかな。今ではクルマ旅のドライブミュージックで少したしなんでおりますが。

そんな感じ。

基本、外に出歩くとしても屋根が個室へ移動しているだけで、太陽の光や外の空気にはあまり縁がなかった生活だったかな。

旅に魅了されたきっかけ

20代半ば、当時、彼女がおりまして、どうせなら一緒に喜びを共有できるものがないかと考え、それが”クルマ旅”だったわけです。

絶景の本はやたら読み漁っていましたしね。

そこで出かけた”阿蘇クルマ旅”

雲一つない青空、どこまでも続く”ミルクロード”

大パノラマ”大観峰”、奇跡の透明水質”白川水源”、崩壊前の懐かしい”阿蘇神社”、一面が大草原”草千里ヶ浜”、芸術的なかたちで阿蘇の象徴”米塚”など…

引きこもりだった私からしたら、非日常の初体験だった訳です。 

家でゆっくりごろごろ、あくびをしながら映画を観るより、ずっと有意義な時間であることに気づいたのです。

”クルマ旅狂”へ、変貌

この感動を共有したい、ただそれだけ

自分だけの想い出にしまっておくのは、もったいない。

せっかくだから、知ってもらいたい。

日本にも、絶景はこんなにたくさんあるということを。

日本にしかない美しい場所は、絶対にある。

あなたの住んでいる身近な場所にも、きっと存在する。

小さな発見でもあれば、それだけで幸いです。