日本一周

滝100選 秋の紅景【猿尾滝】と【女郎滝】男性的な強芯線の滝と女性的な流麗線の滝

こんにちは、絵空です。

日本滝100選の男性的な強芯線の滝【猿尾滝】

女性的な流麗線の滝【女郎滝】のご紹介です。

滝情報

名称:猿尾滝

よみ:さるおたき

滝形式:段瀑

落差:60m

所在地:兵庫県香美町村岡区日影

訪問日:2019年11月21日(木)

日本の滝百選 猿尾滝

猿尾滝は、「猿尾滝ヒン岩体」で形成された高さ六十メートルの滝です。滝の景観が猿の尾に似ているところから猿尾滝と名づけられました。

ブナ、モミジ、サクラ、ケヤキ、マツなどの自然林との調和が美しく、春は新緑の滝、夏は納涼の滝、秋は紅景の後、冬は氷壁の滝にその姿を変えます。

古くから妙見山名草神社の参道から仰ぐ美しい滝として知られており、村岡藩主山名公は「ソーメン流し」を楽しんだといわれています。

現地に到着

滝は もう目の前

駐車場から歩いて3分

目的地に到着!

書道家の筆のよう

鋭角に 急にしなやかに

滑らかに 伸びやかに やわらかく つたう流線

うねり まがり 巻きつくような美の曲線

まさに猿の後ろ姿 猿のしっぽ

男は背中で語る

近くで見ると2段目の滝は猿のおしりのよう

ほそく長く 一本 芯が通った強い線が

頼もしい後ろ姿を連想される

滝の流れを見守る木々も特徴的

反りかえるように にょきんと背伸びしているよう

秋の紅景

千姿万態の滝

見る場所、角度、高さを変えると、異なる表情を持つ滝

滝 上段も 違った形をしており おもしろい

目線を落として正面に捉えると

ひとつなぎの階段状の滝の様相

角度を変えると可憐でしなやかな一条の線が見事

『春は新緑の滝、夏は納涼の滝、秋は紅景の後、冬は氷壁の滝』

春夏秋冬・四季折々、色とりどりの情景はもちろん、

表情ゆたかな姿かたちが惜しげもなく披露された、圧巻の【猿尾滝】でした。

近くに【女郎滝】

猿尾滝から、車で6分に中々の滝があります。

こちらです。

女郎滝の滝情報

名称:女郎滝

よみ:めろうたき

滝形式:斜瀑

落差:60m

所在地:三重県三重郡菰野町杉谷

訪問日:2019年11月22日(金)

【猿尾滝】がオス猿としたら

【女郎滝】はメス猿かな

うむ じつに美人猿ですね。

アクセス

住所:兵庫県香美町村岡区日影

駐車場:あり

猿尾滝への到着時間:駐車場から徒歩3分

周辺おすすめ観光スポット

【城崎温泉】

住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島78

移動時間:猿尾滝から、車で61分

【玄武洞】

住所:兵庫県豊岡市赤石

移動時間:猿尾滝から、車で60分

【竹田城跡】

住所:兵庫県朝来市和田山町竹田古城山169番地

移動時間:猿尾滝から、車で55分

【天滝】

住所:兵庫県養父市大屋町筏

移動時間:猿尾滝から、車で40分

関連記事