日本一周

秋が深まる滝100選【天滝】イメージはマリー・アントワネット?エレガントで美しい兵庫県の絶景

Tentaki

1年の3か月間、”絶景”を求めてクルマで日本一周した『絵空のブログ』へ ようこそ。

兵庫県養父市の「天滝渓谷」の深部にある、兵庫県下一の落差98mを誇る【天滝】。

「日本の滝100選」に選ばれている誰もが認める名瀑で、「森林浴の森日本100選」「兵庫森林浴場50選」にも指定されています。

天滝と同じ「日本滝100」の『猿尾滝』、兵庫県の秘境の洞窟滝『シワガラの滝』と一緒に「但馬名三瀑」の一角を担っています。近畿地方で最多の滝数である兵庫県の中でも、とりわけピックアップされる美しい滝でもあります。

紅葉が色づく季節は、まさに絶景の様相。マイナスイオンたっぷりの渓谷美に酔いしれ、「天滝」までの1.2キロのハイキングコース上の、複数の滝にも心が満たされます。

最後の100段近くある急階段で少し苦労しますが、登り終え、眼前に飛び込む【天滝】の映像は、まさに圧巻。パンクしそうな心臓の鼓動か、感動による胸の高鳴りか、感情が高揚し戸惑ってしまう、究極の絶景。

新緑のシーズンもおすすめされますが、訪れるなら、絶体に11月前半ですね。

上記で触れた【猿尾滝】の詳細は、こちら▼

Saruotaki
滝100選 秋の紅景【猿尾滝】と【女郎滝】男性的な強芯線の滝と女性的な流麗線の滝日本滝100選の男性的な強芯線の滝【猿尾滝】と 女性的な流麗線の滝【女郎滝】のご紹介。『春は新緑の滝、夏は納涼の滝、秋は紅景の後、冬は氷壁の滝』 春夏秋冬・四季折々、色とりどりの情景はもちろん、 表情ゆたかな姿かたちが惜しげもなく披露された、圧巻の【猿尾滝】。...

【天滝】情報

名称:天滝

よみ:てんだき

滝形式:分岐瀑

落差:98m

所在地:兵庫県養父市大屋町

ベストシーズン:秋の紅葉シーズン(11月上旬~中旬)

訪問日:2019年11月22日

訪問時間:AM8:00~9:30

「NHK連続テレビ小説」のオープニングに使用された有名な滝

【天滝】というと、1996年度のNHK連続テレビ小説「ふたりっ子」のオープニングに登場した滝です。

三倉佳奈さん、三倉茉奈さんが幼少期に、双子役で主演を務めていたテレビドラマですね。私も幼少期に見ていましたが、けっこう面白かったですよ。

現地に到着(Googleマップの案内通りで到着)

駐車場近くの登山口 入口

ツキノワグマの生息地です。

ヤマビルの吸血被害にも注意が必要とのことです。

「天滝・俵石・杉ヶ沢高原マップ」

今回は、

「駐車場~天滝 → 約1.2キロ」

に挑戦します。片道は、ゆっくり歩いて45分(往復1時間30分)といったところでしょうか。

遊歩道は、大小様々な滝が、バランスの良い間隔で点在しているので、ハイキングが楽しいコースとなっております。

「しのびの滝」が見つけきれず、残念。

『岩間の滝』

小さいけど変化がついている滝

『糸滝』

見えますか?紅葉に目が行ってしまいますね。

『連理の滝』

滝というか、流れかな

『久遠の滝』

ここから結構しっかりした滝が連続する

遊歩道にはクサリが差し込まれていますが、そんなに危険個所はない

『夫婦滝』

ちょっと疎遠な夫婦滝です

『鼓ヶ滝』

立派な滝。橋の赤が、ほど良いコントラスト。

さて、100段近くある階段を登っていきます。

急な階段なので、健脚でないと少々苦しいです。

登り切ったら、目の前に広がる景色は、一面の【天滝】。

逸る気持ちを抑えきれず、一段飛ばしで全力で駆け上がる…

目的地【天滝】に到着!

天滝(落差 九八メートル)

天龍は、県下最高峰の氷ノ山を源流に落差九六M(平成二年実測)と県下一を誇る名瀑で、その名の通り天から降るかのように流れ落ちる雄大さから、平成二年に「日本の滝百選」に選定されています。

この天龍は、古く「大和長谷寺縁起」や「役の行者本記」にも書かれ、また、弘法大師が仏運興隆の地を求めて全国行脚した際、滝の霊気に打たれて「この地こそ仏陀の我に恵み給いし聖地」と、谷の数をかぞえたところ、千に一つ足らなかったため、居を高野山に求めた、との伝説が残っています。

また、登山口からの渓谷沿いの遊歩道は、原生林に囲まれ「森林浴の森日本百選」にも選定されています。

案内板より

1.2キロの45分のハイキングコース、ラストは100段近くある急な階段。

階段を駆け上がり、爆発寸前の心臓で、揺れる映像の衝撃は、今でも鮮明に覚えています。

天候にも恵まれ、朝日を浴びて発色する紅葉が絶妙。

落差98mと雄大ながらも静かに落ちる滝も美しい。

心が洗われる。

最高の時期と、天候と、瞬間の、研ぎ澄まされた”絶景”

虹がかかるのは、午前中の早い時間

なんと、虹がかかっているではありませんか!

時間はAM9:00前でした。

太陽が差し込む、午前中の早い時間帯なら紅葉と虹に染まる、レインボーな【天滝】がお目にかかれます。

真横からだと雰囲気が一変

正面だと、縦一直線で華奢な、女性的な滝に見えるのですが…

横から見ると、ふもとに向かって末広がりに、渓谷を覆うようにふてぶてしく流れているではありませんか。

「天滝渓谷」の大小様々な滝を従えるように、繋がっている訳ですね。

正面のお顔は華奢でおしとやかだけど、横から本性を覗くと、女王様のような威風堂々とした風格。

滝版:マリー・アントワネットですね。勝手なイメージですが。

女性的な美しさ、エレガントさ、気高さを兼ね備えた、計り知れない魅惑の美観【天滝】でした。

アクセス(行き方)

住所:兵庫県養父市大屋町

駐車場:あり

到着時間:駐車場から徒歩

行き方:Googleマップの案内通りで到着

周辺おすすめ絶景スポット

【原不動滝】(滝100選)

住所:兵庫県宍粟市波賀町音水

移動時間:天滝から、車で47分

【雨滝】(滝100選)

住所:鳥取県鳥取市国府町雨滝

移動時間:天滝から、車で1時間37分

【猿尾滝】(滝100選)

住所:兵庫県美方郡香美町村岡区日影

移動時間:天滝から、車で41分

Saruotaki
滝100選 秋の紅景【猿尾滝】と【女郎滝】男性的な強芯線の滝と女性的な流麗線の滝日本滝100選の男性的な強芯線の滝【猿尾滝】と 女性的な流麗線の滝【女郎滝】のご紹介。『春は新緑の滝、夏は納涼の滝、秋は紅景の後、冬は氷壁の滝』 春夏秋冬・四季折々、色とりどりの情景はもちろん、 表情ゆたかな姿かたちが惜しげもなく披露された、圧巻の【猿尾滝】。...

【竹田城跡】

住所:兵庫県朝来市和田山町竹田古城山169番地

移動時間:天滝から、車で53分

【玄武洞】

住所:兵庫県豊岡市赤石

移動時間:天滝から、車で1時間3分

【白毫寺】

住所:兵庫県丹波市市島町白毫寺709

移動時間:天滝から、車で1時間6分

【城崎温泉】

住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島78

移動時間:天滝から、車で1時間7分

【鳥取砂丘】

住所:鳥取県鳥取市福部町湯山2164−661

移動時間:天滝から、車で1時間41分

関連記事