日本一周

軍艦島、発見!【見附島】荒波の上を歩いて渡れる石川県のロマンチックな絶景(能登のシンボル)

Mitsukejima

1年で3か月間、”絶景”を求めてクルマ日本一周した『絵空のブログ』へ ようこそ。

能登半島にバカンスに来た際、絶体に外せない観光スポットが、能登半島の象徴【見附島】。

島の形が軍艦に似ているところから、別名「軍艦島」とも呼ばれる高さ28mの奇岩。

海面水位が下がる干潮時には、岩の道を渡って間近で眺めることができる楽しい場所。

市内からほど遠い能登半島の一番奥、奥能登に位置するためアクセスに苦労しますが、周囲は海水浴場やキャンプ場、レストハウスも揃っており、充実しています。

能登観光と言えば、能登金剛遊覧船・巌門巡りや珠洲岬、白米千枚田が定番コースですが、是非とも一番遠い『見附島』まで足を運んでいただきたい、おすすめスポット。

観光地・旅行情報

名称:見附島

よみ:みつけじま

別名:軍艦島

所在地:石川県珠洲市宝立町鵜飼

訪問日:2021年5月28日

訪問時間:AM9:00~9:30

所要時間・滞在時間の目安(駐車場に到着から出発)

・お急ぎ・健脚の方:      5分

・じっくり・ご年配の方:  20分

潮見早見表を確認し、干潮時にレッツゴー!

踏み石を渡れるかどうかは、潮の満ち引きによって決まってきます。

必ず“干潮”のときに訪問しましょう。

感動できるか できないか、一生の思い出になるか ならないかが決まってきます。

能登半島の潮見表は、こちら▼

おすすめの時間帯とは?人が少ないのはいつ?

観光しやすいのは、人が少ない時間帯である早朝

私は朝の9時頃に訪問しましたが、人は数人しかいませんでした。

昼近くになると人が多くなり、晴れた土日で干潮が重なると、人でごった返して海上の道も通行困難となるようです。

ロマンチックなシチュエーションを狙うなら、夕陽が沈む夕暮れ時がおすすめ。

夜のライトアップも魅力のひとつ

夜は見附島を照らすようにして、ライトアップが催されます。

時間帯は、時期にもよりますが、日没~22:30頃までとなっております。

ロマンチックな夜の砂浜デートにピッタリ!?

軍艦島と言えば、長崎県の世界文化遺産、海底炭鉱の廃墟島

九州育ちの私としては、軍艦島と聞いたらどうしても連想してしまうのが、有名な長崎の世界文化遺産、端島こと『軍艦島』。

見附島とはまた違った雰囲気とスケール。

後日、ブログ公開予定。

現地に到着(「見附島シーサイドキャンプ場」を目指し到着)

見附島シーサイドキャンプ場の駐車場からすぐ、そこには約1,000本の松がずらりと並ぶ白砂青松

広場としての寛ぎスペースにもなっています

恋人海岸から見附島までの約3.5kmの砂浜海岸を「えんむすびーち」と呼ぶ

浜辺には縁結びの鐘があり、恋人たちが愛を誓い、鐘を鳴らすとか

透明で青い海をバックに、ロマンチックな愛のメロディを奏でてみてはいかがでしょうか

『恋人海岸(有珠海岸)』海蝕の海岸も美しい

見附島から車で5分ほどで行ける「恋人海岸(有珠海岸)」

干潮の時は島まで渡ることができますが、見附島ではしゃぎすぎて、惜しくも道が海の底に水没してしまいました。

海蝕でデザインされた海岸も見応えあり。

目的地に到着!(インスタ映え・フォトジェニック・写真撮影スポット)

はぁ、ため息が出る

説明不要でフォトジェニック

潮風が心地よい

浜辺で見るのと間近で見るのとでは、感動の度合いが全然違います!

飛び石を渡って、見附島まで踏破せよ!

さて、いよいよ踏み石で見附島まで渡りきっちゃいます

まれに滑って海に落ち、びちゃびちゃにいるそうなので、滑り止め付きの長ぐつを装備し、レッツ・チャレンジ

青い!青い!青い!空と海

日本海は本当に青くて透明で、小さな波間が踊って見える

天気にも恵まれ、360度、晴天の青空が太陽よりも輝いて見える

波に揺られる海藻のライトグリーンが鮮やかな海の色どりとなり、美を際立たせている

いざ上陸!と思ったら、行き止まり

やった!到着だ!と思ったら、途中で途切れていました

危険防止の為、上陸できないよう細工が施されている様子

そもそも島には浜がなく、上陸することができない

島というよりも、巨大な岩礁というイメージですかね

遠くから目を細くして見るよりも、近くから見上げる見附島は、迫力も岩の紋様の美しさも一味違うので、来て損な気持ちは一切ない

加えて、波が押し寄せるスリルが体感でき、恋人と来たら良い吊り橋効果が狙えるかも!?

海を両断する鋭利で勇壮な軍艦の様相

海を切り裂き、驀進真っ只中の軍艦を彷彿

かなり強そうな風格

こんなのに海上でまっすぐ向かって来られたら、太刀打ちできない

プレッシャーが半端ない

油断をすると、水位が上がって大変な目に

この日はAM9:08が干潮と潮見表で出ていなしたので、時間ジャストで渡涉を開始しました

写真を撮るのに夢中になり、30分近く海上散歩をしていた結果、水かさが増して波に襲われてしまいました

しぶきがももの所までかかり、ちょっと焦りました

岩はスリップしやすい部分もあるので、滑りにくい靴で渡ったのは正解

個人的に、長ぐつがおすすめ

色んな角度を楽しめる見附島

特に真横からのアングルは、おすすめ

地層の紋様と影の部分の緑の苔がきれいで、未踏の孤島と言った風情

こちら側は人もほとんど来ないでしょうから、よりゆっくりとした時間が流れていく

ひとり旅がちょっぴり残念に思える、ロマンチックな絶景でした。

アクセス行き方(車の場合)

住所:石川県珠洲市宝立町鵜飼

駐車場:あり(200台)

到着時間:駐車場から徒歩すぐ

行き方:「見附島シーサイドキャンプ場」を目指し到着

周辺の絶景人気スポット・おすすめスポット

白米千枚田

住所:石川県輪島市白米町99−5

移動時間:見附島から、車で36分

珠洲岬(青の洞窟)

住所:石川県珠洲市三崎町寺家

移動時間:見附島から、車で29分

桶滝

住所:石川県輪島市西二又町

移動時間:見附島から、車で1時間19分

高照寺の倒さ杉

住所:石川県珠洲市上戸町6−9

移動時間:見附島から、車で7分

剱地権現岩(トトロ岩)

住所:石川県輪島市門前町大泊

移動時間:見附島から、車で1時間14分

恋路海岸

住所:石川県鳳珠郡能登町恋路8

移動時間:見附島から、車で5分

ヤセの断崖

住所:石川県羽咋郡志賀町笹波

移動時間:見附島から、車で1時間20分

関連記事