日本一周

沖縄県随一のロケーション!?【瀬長島】那覇空港付近の癒しと感動のアイランドリゾート

Senagajima

那覇空港の南に1.5キロ、かつては無人島だった小さな島が、今では観光リゾート地に変貌を遂げ、年間約28万人が来島すると言われる【瀬長島】

【瀬長島】の最大の魅力としては、アイランドリゾート「瀬長島ウミカジテラス」”

異国情緒ゆたかな店舗が立ち並び、沖縄ならではの果物やお土産・工芸品、飲食店やデザート店など、小規模だけど巨大ショッピングモール並の充実感。

宿泊施設や天然温泉施設まであるので、ゆっくりのんびり一日中くつろげる。

目の前には青い海、サンゴの白い砂浜、まっすぐに広がる大空、気軽に遊べる広場や散策道、全てがバカンスにぴったり。

謳い文句の通り、”癒しと感動”を与えてくれる【瀬長島】

【瀬長島】情報

名称:瀬長島

よみ:せながじま

所在地:沖縄県豊見城市瀬長

営業時間:AM10:00~

訪問日:2019年12月29日

訪問時間:AM7:00~7:30

瀬長島は、豊見城市西岸から沖合約600mに浮かぶ周囲約1.5km、最標高約30m、面積約18haの島である。戦前まで約30戸が北側平野部(現・野球場一帯)に集落を構え、半農半漁の暮らしを営む有人島であった。

太古の時代、琉球の国を創ったアマミキヨの子、南海大神加那志が最初にこの島に住み、そこから豊見城の世立てが始まったという豊見城発祥伝説が残る。

島内にはかつて瀬長グスクがあり、瀬長投司が居住したグスクだったと伝えられている。これについては、琉球王府が1713年に編集 入した「琉球国由来記』の中で、「瀬長按司ハ 王位ノ御婿ニテ・・・(巻8)」、「往古八瀬長按 司居住ノ跡アリ・・・(巻12)」)と記述されている。これまでに中国製青磁や陶器・グスク系土器などが出土している。

地元では古くから島を別名「アンジナ」と呼んでおり、按司のいる砂島がアジシナシマへ転訛し、それがアンジナになったとも伝えられている。

1719年(康熙58)に来琉した中国の冊封副使・徐傑光は、瀬長島を訪れた際の様子について、「遊山南記」の中で、美しい砂浜の静 けさと大勢の人が雨宿り出来るほどの巨石奇 岩の様子など、その変化に富んだ景観を讃えている(『琉球国使略」)。また、昭和11年には沖縄八景の一つに数えられるなど、豊見城を代表する風光明媚な景勝地であった。

案内看板より引用

現地に到着(Googleマップの案内通りで到着)

朝の空は本当にきれい

差し込む光が印象的

天使の梯子

海もきれい

ほとんど誰もいない特別な空間

近くに【子宝岩】

波打ち際にそびえ立つ岩は、戦前までは存在していた「子宝岩」を再現したものです。

言い伝えでは、その子宝岩には上下二つの穴が開いており、いつのことから村内外から人々がここを訪れ「子宝に恵まれますように」と祈り、男の子が欲しければ「上の穴」、女の子が欲しければ「下の穴」へ小石を投げ入れて願かけをする習わしがあったとされています。

案内看板より引用

子宝が欲しい方は、最も潮が引く干潮の時に訪れるのがおすすめ

海風が気持ち良い

沖縄県ならではのサンゴの浜辺

なんか、どこかで見たことあるような…

あっ!

壱岐島(長崎県)の【微笑むゴリラ岩】に似ている

詳しい記事はこちら▼

Hohoemu gorira iwa
壱岐島の奇岩は「猿岩」だけじゃない!【微笑むゴリラ岩】と岩の門【鬼の足跡】長崎県壱岐市『猿岩』は驚くべき完成度の ”猿” でしたが、【微笑むゴリラ岩】と【鬼の足跡】も負けず劣らずの見栄え。『壱岐島』と言えば『猿岩』が有名だけど、壱岐島の海岸線は他にも有名な奇岩があります。それが今回紹介する【微笑むゴリラ岩】と【鬼の足跡】です。同じ「壱岐対馬国定公園 牧崎園地」内に存在します。...

近くに展望台

せっかくなので、登ってみる

上にも駐車場

そして、朝空がきれい

階段も独特で良い景色

朝散歩や釣り、海水浴に広場まで、全世代の遊び場

広大な広場があるので、人に迷惑がかからない程度でアクティブに遊べる

人懐っこいネコもいる

釣りも許されている様子

眺めも最高

羽目を外してくつろげる

目的地【瀬長島】に到着!

無人の白い建物群

駐車場はこちらでOK

朝だからクルマの台数も数台ですが、10:00に開店したらクルマで埋め尽くされるのだろうな

縦列駐車が怖い

誰もいないと、なんだか怖い

無人という中々お目にかかれない光景

まるでエーゲ海の白亜の街並み

テンション上がって余計なものまで買ってしまいそう

【瀬長島】での食事は最高だろうな

溜息が漏れるほどの、静かな朝の心休まる”ひと時”

沖縄県随一のロケーション!?那覇空港付近の癒しと感動のアイランドリゾート【瀬長島】でした。

アクセス

住所:沖縄県豊見城市瀬長

駐車場:あり

到着時間:駐車場から徒歩1分

行き方:Googleマップの案内通りで到着

周辺おすすめ絶景スポット

【波の上宮】

住所:沖縄県那覇市若狭1丁目25−11

移動時間:瀬長島から、車で18分

naminouegu
波の上に浮かぶ神社【波上宮】沖縄県那覇空港近くの絶景!近くの「波の上ビーチ」「護国寺」も魅力正面の橋の上から見る神社【波上宮】は、まさに海岸線に浮かぶ小島。芸術的なオンリーワンの風景。崖の上にぽつりと佇む神社、透明度の高い青い海、綺麗に波が打ち寄せる砂浜『波の上ビーチ』。那覇港からクルマで15分、海岸線の高台の上にある神社。沖縄県に来た際は真っ先に訪れたい観光スポット。【波上宮】の目と鼻の先にある『護国寺』は、現存する沖縄の寺院の中で、最も古い寺院として知られており、格式の高い特別なお寺でもあります。併せて訪れることをおすすめ。...

【国際通り】

住所:沖縄県那覇市牧志3丁目2

移動時間:瀬長島から、車で24分

【アメリカンヴィレッジ】

住所:沖縄県中頭郡北谷町美浜9−1

移動時間:瀬長島から、車で39分

関連記事