絶景

あなたが見た”あお”は何色?【にこ淵】仁淀ブルーの代名詞・日本一の清流の神秘(高知県の秘境)

にこ淵

”絶景” を求めて訪問した観光スポット約4.000箇所。クルマ日本一周を2度経験した『絵空のブログ』へ ようこそ。

仁淀川は、愛媛県・高知県を流れる、いの町清水程野にある一級河川で、国土交通省が発表する「水質が最も良好な河川」に過去10年で7回選ばれた清流。

仁淀川、すなわち、日本で最も綺麗な川です。

そんな日本一の川の中で一番美しい場所、それこそが仁淀ブルーの代名詞にこ淵

日光の差し込み加減で清流の色が変化することで有名で、ターコイズブルー、エメラルドグリーン、瑠璃色など、発色の良い青色で表現されます。

あお” が揺らめく、カラフルで美しい幻想世界。

水晶のようにつややかで煌めく水質が天下一品。究極の清流。

瞬きすることすら忘れてしまう神秘の絶景が、【にこ淵】にはあります。

さて、あなたが見る ”あお” は、何色だろうか。

概要(観光地の魅力・国内旅行情報)

名称: にこ淵

よみ: にこぶち

滝型式: 直瀑

落差: 10m

所在地: 高知県吾川郡いの町清水上分程野

営業時間・開業時間: 24時間

ベストシーズン: 8月(新緑)

訪問日: 2020年9月22日

訪問時間: AM8:00~8:30

所要時間・滞在時間の目安(駐車場に到着から出発)

・お急ぎ・健脚の方:      10分弱

・じっくり・ご年配の方:  25分

備考:駐車場から片道5分。行きは上り、帰りは下り。急階段で、健脚向き。

「にこ淵」の現在の状況とは?通行止めや通行規制の確認はホームページで要確認

最近は通行止めになることはあまりないようですが、心配な方はHPを確認するようにしましょう。

HP: にこ淵 | いの町観光協会

車で行くのが理想。なければレンタカーを(公共交通機関でも行くことは可能)

一応、電車とバスを乗り継いで行けるようですが、バスが3時間間隔でしか来ず、往復4キロのウォーキングがあります。

車で行き来することが現実的です。

訪問ベストの時間帯

太陽の光が注ぐ時間帯、光の角度や加減により、幻想的な光景が見られます

日光が差し込む時間帯がおすすめのよう。正確な時間帯でいうと、11~15時くらいとのこと。

個人的には、朝日が差し込む時間帯も、中々捨てがたいと思います。

仁淀川の別名 ”面河川”

愛媛県内では仁淀川のことを”面河川”と呼ぶそうです。

面河川にかかる渓谷が超有名。その名は『面河渓

国の名勝であり、石鎚国定公園、面河・四国カルスト自然休養林にも指定されている愛媛県の秘宝の渓谷。

ブログは後日、掲載予定。

面河渓

仁淀ブルーが見られる場所

安居渓谷(水質No.1の渓谷?)

水晶淵と砂防堰堤

水の青さと透明度は【にこ淵】以上!?

中津渓谷(雨竜の滝が圧巻)

水質は【にこ淵】と『安居渓谷』に劣るかもですが、『中津渓谷』の真の見どころは、「雨竜の滝」

まっすぐに落ちる線と、左右に屈折して落ちる線が、クロスする様相は圧巻。

私の指折りの滝です。

現地到着までの検索方法 “道案内”

看板の下の道を直進します

Googleマップの案内通りで到着(駐車場から片道5分で目的地)

【にこ淵】に続く前後の道に、路上駐車可能なスペースがちらほら

私は朝の8時に到着したので、ガラガラでした

渋滞注意!渋滞を回避したいなら、朝一がおすすめ

私が帰路についた13時ごろには、日曜日ということもあり車30台分くらいの渋滞が起こっており、誘導員も動員されておりました。

渋滞を回避したいなら、朝一がおすすめです。

【にこ淵】入口

看板があるので分かりやすい

階段は段差が高く急勾配なので、足腰が強くないとちょっときついレベル

入口から5ほどで【にこ淵】へ

目的地に到着!(インスタ映え・フォトジェニック・写真撮影スポット)

仁淀ブルーの代名詞【にこ淵】

今宵の ”あお” は、ターコイズブルーと言ったところでしょうか

「仁淀ブルー」の代名詞『にこ淵』

にこ淵

ここはいの町清水程野。にこ淵は、仁淀ブルーで知られる仁淀川の支流”枝川川”にあります。にこ淵は、清流・仁淀川が「仁淀ブルー」という言葉で広く知られるようになり、その美しく・幻想的な青を見ることができる場所として観光客が訪れるようになりました。太陽の光が注ぐ時間帯、光の角度や加減により、幻想的な光景が見られます。

案内板より

入水や飲食は厳禁

にこ淵は、水神の化身とされる大蛇が棲む所とされ、地元の方は近寄らない神聖な場所です。マナーを守り、静かにご覧ください。また、入水、飲食、トイレ等はご遠慮ください。
案内板より

カラフルな ”あお” のコントラスト

光の量や角度によって色彩豊かに変化する”ブルー”の奇跡

プルンとゼリーのように膨らむ不思議な水面(みなも)

苔むす岩、緑に覆われた木々、V時の切り込みに垂直に落ちる滝

背面には鋭く尖った巨石群

秘境にふさわしい幻想的風景【にこ淵】

車で大渋滞しようとも、公共交通機関で長時間苦労しようとも、多くの観光客に是が非でも来たいと思わせるだけの珠玉の絶景。

あなたが見た”あお”は何色?仁淀ブルーの代名詞・日本一の清流の神秘【にこ淵】でした。

アクセス・行き方・駐車場詳細(車の場合)

住所: 高知県いの町清水上分

駐車場: あり(一番近くは5台)

到着時間: 駐車場から徒歩5分

行き方: Googleマップの案内通りで到着

周辺の絶景人気スポット・おすすめスポット

【程野滝(4滝)】

住所: 高知県吾川郡いの町清水上分

移動時間: にこ淵から、車で9分

【中津渓谷】【雨竜の滝】

住所: 高知県吾川郡仁淀川町名野川

移動時間: にこ淵から、車で44分

【安居渓谷】【飛龍の滝】

住所: 高知県吾川郡仁淀川町大屋1627−4

移動時間: にこ淵から、車で43分

【面河渓】

住所: 愛媛県上浮穴郡久万高原町若山

移動時間: にこ淵から、車で1時間42分

【マイントピア別子】

住所: 愛媛県新居浜市立川町707−3

移動時間: にこ淵から、車で1時間18分

【銚子滝】

住所: 高知県土佐郡大川村大平

移動時間: にこ淵から、車で37分

【砂浜美術館Tシャツアート展】

住所: 高知県幡多郡黒潮町入野

移動時間: にこ淵から、車で2時間15分

【アートアクアリウム展・高知】

住所: 高知県高知市追手筋2丁目1

移動時間: にこ淵から、車で1時間7分

アートアクアリウム展
巡回展・四国初上陸!【アートアクアリウム展】~高知・金魚の海~儚く舞い泳ぐ金魚の幻想(東京都・日本橋で常時開催中)木村英知が手掛ける、アート、デザイン、エンターテインメントとアクアリウムを融合させたオリジナルの芸術作品。国内外で高く評価。2020年8月、東京都・日本橋に『アートアクアリウム美術館』をオープンした。...

【杉の大スギ】

住所: 〒789-0311 高知県長岡郡大豊町杉794 八坂神社境内

移動時間: にこ淵から、車で1時間4分

杉の大杉
美空ひばりの願いを叶えた【杉の大杉】根周り日本一の、夢が実現するパワースポット(高知県の絶景)根周りが「日本一の大杉」。美空ひばりさんの“歌謡界の女王”になる夢を叶えた名木だ。この逸話から「出世杉」とも呼ばれ、パワースポットとしても有名。八坂神社境内にある2株の杉。なんと推定樹齢3千年。根周りよりも驚きだ。...

【白猪の滝農村公園】

住所: 〒791-0321 愛媛県東温市河之内

移動時間: にこ淵から、車で1時間36分

白猪の滝
2年ぶりの氷瀑!2021年【白猪の滝】道後温泉から車で40分、愛媛県東温市に突如あらわれた氷の神殿(奇跡の絶景)愛媛県東温市に真冬にだけ出現する氷瀑の滝がある。2021年は寒波のおかげでアイス・アートの完成。最強の寒波がもたらした幻想風景。まるで氷の神殿だった。...

【白糸の滝】

住所: 〒791-0223 愛媛県東温市上林

移動時間: にこ淵から、車で1時間42分

白糸の滝 愛媛県東温市
氷瀑の滝【白糸の滝】愛媛県東温市の真冬の氷像アート【絶景・雪景色】愛媛県の真冬の氷瀑の滝と言えば「白猪の滝」。実は近くにもう一つある。それが、【白糸の滝】だ。1月初旬から2月中旬までの、極めて寒い冬にしか凍らず、2021年は2年ぶり。氷瀑になったら、是が非でも見ておきたい。...

【龍王の滝】(滝100選)

住所: 〒789-0255 高知県長岡郡大豊町佐賀山

移動時間: にこ淵から、車で1時間47分

【大樽の滝】(滝100選)

住所: 〒781-1301 高知県高岡郡越知町越知甲

移動時間: にこ淵から、車で46分

【平家の滝】

住所: 〒781-3113 高知県高知市鏡竹奈路

移動時間: にこ淵から、車で1時間18分

関連記事