絶景

日本の滝100選!【原尻の滝】360度の絶景「東洋のナイアガラ」大分県百景のひとつ

Harajirinotaki

こんにちは、絵空です。

大分県百景のひとつに数えられ、「東洋のナイアガラ」と称される日本の滝100選の【原尻の滝】

九州の日本の滝100選の滝の中では最も人気が高くポピュラーな滝なのではないでしょうか。

隣に道の駅があり、【原尻の滝】に続く遊歩道もしっかり整備され、観光地化されています。

【原尻の滝】を様々な場所と角度から眺望できるのも人気の秘密でしょう。

実際に行ってみたレポートを大公開!

滝情報

名称:原尻の滝

よみ:はらじりのたき

滝形式:直瀑

落差:20m

所在地:大分県豊後大野市緒方町原尻

訪問日:2015年10月10日

    2020年12月26日

時間帯:AM11:00~

 ”滝の岩にできた大きなひび割れ”

この滝をつくっている岩石は、約9万年前におきた阿蘇火山の大噴火によって発生した巨大火砕流が冷えて固まったものです。火砕流とは、噴火で大量に吹き上がった火山ガス、溶岩、軽石、火山灰などが、高温のまま上空から一気に落下し流れ下る現象ですが、ここ大野川流域はその火砕流に厚く埋め尽くされました。たまった火砕流は熱により再び溶けた後、徐々に冷えていきますが、この冷えていく過程で生まれたタテ方向のひび割れが「柱状節理」とよばれるものです。

案内看板より引用

駐車場は「道の駅 原尻の滝」(Googleマップの案内通りで到着)

「道の駅 原尻の滝」の駐車場から徒歩2分で【原尻の滝】に到着します

色んな位置・角度から見える滝

遊歩道の歩き方は自由ですが、今回は橋を渡ってぐるりと一周し、階段を下りて滝を見上げるルートで歩いていきます

【原尻の滝】目的地に到着!

まずは橋の上から拝見します

揺らすな、危険とのこと

橋の上から【原尻の滝】を撮影

背景の山と広大な滝つぼが【原尻の滝】の巨大なスケール感をアピール

写真からでも壮大さがうかがえる最高の演出

真ん中の一番 豪快な滝

柱状節理の分厚い岩の合間から弾丸のように発射される滝が大迫力

左側からの【原尻の滝】

橋を渡って周りこむ

遊歩道がきちんと整備されている

この角度が一番 滝つぼが綺麗に見える

濃い冴えた青 ”瑠璃色”

真上からの【原尻の滝】

ぎりぎりまで近づいて、真上から覗きこむこともできます

でこぼこの形状は「ポットホール(おう穴)」と言います


海の上では、ポットホール(おう穴)と呼ばれる無数の穴が見られます。水の力によって石がころがり川底に丸い穴があいたもので、このポットホールがつながりのようになっています。

案内看板より引用

【原尻の滝】真上の反対側の中々の景色

反対側はこんな感じ

鳥居が印象的でフォトジェニック

近くに巨大滝があるとは思えない平坦で伸びやかな景色

右側からの【原尻の滝】

滝の豪快さ・主張の強さで言うと、右側が一番

霧散して舞うしぶきが太陽に照らされ光輝やいている

神秘的な光景

真下からの【原尻の滝】

階段を降りると滝下へ

視界全てが【原尻の滝】と化す

【原尻の滝】と真正面からご対面

水も綺麗

空が感動的

【原尻の滝】は本当に空の青がよく似合う!

日本の滝100選!大分県百景のひとつ「東洋のナイアガラ」【原尻の滝】でした。

アクセス

住所:原尻の滝、〒879-6631 大分県豊後大野市緒方町原尻410

駐車場:あり(道の駅「原尻の滝」)

到着時間:駐車場から徒歩2分

行き方:Googleマップの案内通りで到着

周辺おすすめ観光スポット

【沈堕の滝】

住所:大分県豊後大野市清川町臼尾

移動時間:原尻の滝から、車で16分

Chin danotaki
雪舟も描いた【沈堕の滝】十三条の流れをもつ名瀑とツタが巻きつく美の遺構【旧・沈堕発電所跡】(大分県豊後大野市)時代の変化や歴史、著名人の作品など、見どころ豊富な滝【沈堕の滝】とツタが巻きつく美の遺構【旧・沈堕発電所跡】。「東洋のナイアガラ」で超有名なのが『原尻の滝』。”ナイアガラ”と異名を持つ滝は他にもあり、『原尻の滝』からクルマで17分の場所に存在する。「豊後のナイアガラ」「大野のナイアガラ」と呼ばれているのが【沈堕の滝】。滝見台までの遊歩道にある、異彩を放つ【旧・沈堕発電所】遺構も見どころのひとつ。雪舟の水墨画『鎮田瀑図』が【沈堕の滝】と言われています。...

【乙原の滝】

住所:大分県別府市別府

移動時間:原尻の滝から、車で1時間13分

Onbara no taki
大分県別府は温泉だけじゃない!【乙原の滝】市内の外れに落ちる2本の秘境滝滝100選ではないけれど、九州の滝を300本ほど見てきた私が選ぶ、絶体に訪れたい九州の”秘境”滝、トップ3に入るのが【乙原の滝】Googleマップの口コミ評価でも5.0の最高点を記録中(2021年2月時点)。大分県別府市と言えば、「温泉」と「地獄めぐり」で有名ですが、必ず併せて訪れて欲しい、市内近くにある秘境滝です。大分県別府は温泉だけじゃない!市内の外れに落ちる2本の秘境滝【乙原の滝】...

【別府地獄めぐり】

住所:大分県別府市鉄輪559−1

移動時間:原尻の滝から、車で1時間12分

【トトロの森】

住所:大分県佐伯市宇目大字南田原

移動時間:原尻の滝から、車で39分

【風連鍾乳洞】

住所:大分県臼杵市野津町大字泊1632

移動時間:原尻の滝から、車で46分

観音滝

住所:大分県豊後大野市

移動時間:原尻の滝から、車で35分

Kannondaki
知られざる山奥の秘境【観音滝】険しい道の先にある75m巨滝(大分県豊後大野市)【観音滝】は、大分県豊後大野市南部の傾山(1605m)に流れる九折川上流の「どうかい谷」に懸かる落差75mの滝。写真を見て一目惚れし、勢いで行くことを決断。【観音滝】までの道のりを詳しく解説したサイトがなかったので、実際に現地に行ってリサーチしてきました。地元のおじさんが道を教えてくれ、何とか到達に成功。到達に成功したのは良いですが、その道のりが険しいのなんのって…。猪突猛進レポート、大公開。...
関連記事