絶景

日本の滝100選!【原尻の滝】360度の絶景「東洋のナイアガラ」大分県百景のひとつ

原尻の滝

”絶景” を求めて訪問した観光スポット約4.000箇所。クルマ日本一周を2度経験した『絵空のブログ』へ ようこそ。

大分県百景のひとつに数えられ、「東洋のナイアガラ」と称される日本の滝100選の原尻の滝

九州の日本の滝100選の滝の中では、最もポピュラーな滝なのではないでしょうか。

隣に道の駅があり、「原尻の滝に続く遊歩道も整備され、しっかり観光地化されています。

原尻の滝を様々な場所と角度から眺望できるのも人気の秘密でしょう。

実際に行ってみたので、レポートを大公開!

概要(観光地の魅力・国内旅行情報)

名称: 原尻の滝

よみ: はらじりのたき

滝形式: 直瀑

落差: 20m

所在地: 大分県豊後大野市緒方町原尻

営業時間・開業時間:  24時間

ベストシーズン:  オールシーズン

訪問日: 2015年10月10日

     2020年12月26日

訪問時間: AM11:00~11:30

春にはチューリップフェルタが開催。期間は4月初旬から4月中旬

原尻の滝のチューリップ

毎年春に開催されるのが「チューリップフェスタ」。

期間は毎年バラバラですが、4月初旬から4月中旬、2~3週間の間に開催されます。

30万本ものチューリップに埋め尽くされた原尻の滝も秀逸。

種類も100種類あると言われており、色とりどりのチューリップに魅了されることでしょう。

冬期間限定の夜のライトアップも絶景(2021年は12月24から2月28日)

クリスマスを皮切りに、約3か月間のイルミネーションの期間が続きます。

原尻の滝も光に照らされ、真昼とは違った雰囲気の滝を見ることができます。

イルミネーションの時間は日没から22時まで

ずっと開催されている訳ではなく、日没から22時までとなっております。

時間を意識して訪問しましょう。

現地到着までの検索方法 “道案内”

駐車場は「道の駅 原尻の滝」(Googleマップの案内通りで到着)

「道の駅 原尻の滝」の駐車場から徒歩2分で【原尻の滝】に到着します

色んな位置・角度から見える滝

遊歩道の歩き方は自由ですが、今回は橋を渡ってぐるりと一周し、階段を下りて滝を見上げるルートで歩いていきます

目的地に到着!(インスタ映え・フォトジェニック・写真撮影スポット)

まずは橋の上から拝見します

揺らすな、危険とのこと

橋の上から【原尻の滝】を撮影

背景の山と広大な滝つぼが【原尻の滝】の巨大なスケール感をアピール

写真からでも壮大さがうかがえる最高の演出

 ”滝の岩にできた大きなひび割れ”

この滝をつくっている岩石は、約9万年前におきた阿蘇火山の大噴火によって発生した巨大火砕流が冷えて固まったものです。火砕流とは、噴火で大量に吹き上がった火山ガス、溶岩、軽石、火山灰などが、高温のまま上空から一気に落下し流れ下る現象ですが、ここ大野川流域はその火砕流に厚く埋め尽くされました。たまった火砕流は熱により再び溶けた後、徐々に冷えていきますが、この冷えていく過程で生まれたタテ方向のひび割れが「柱状節理」とよばれるものです。

案内看板より引用

真ん中の一番 豪快な滝

柱状節理の分厚い岩の合間から、弾丸のように発射される滝が大迫力

左側からの【原尻の滝】

橋を渡って周りこむ

遊歩道がきちんと整備されている

この角度が一番 滝つぼが綺麗に見える

濃い冴えた青 ”瑠璃色”

真上からの【原尻の滝】

ぎりぎりまで近づいて、真上から覗きこむこともできます

でこぼこの形状は「ポットホール(おう穴)」と言います


海の上では、ポットホール(おう穴)と呼ばれる無数の穴が見られます。水の力によって石がころがり川底に丸い穴があいたもので、このポットホールがつながりのようになっています。

案内看板より引用

【原尻の滝】真上の反対側の中々の景色

反対側はこんな感じ

鳥居が印象的でフォトジェニック

近くに巨大滝があるとは思えない、平坦で伸びやかな景色

右側からの【原尻の滝】

滝の豪快さ・主張の強さで言うと、右側が一番

霧散して舞うしぶきが太陽に照らされ光輝やいている

神秘的な光景

真下からの【原尻の滝】

階段を降りると滝下へ

視界全てが【原尻の滝】と化す

【原尻の滝】と真正面からご対面

水も綺麗

空が感動的

【原尻の滝】は本当に空の青がよく似合う!

日本の滝100選!大分県百景のひとつ「東洋のナイアガラ」【原尻の滝】でした。

アクセス・行き方・駐車場 詳細(車の場合)

住所: 〒879-6631 大分県豊後大野市緒方町原尻410

駐車場: あり(道の駅「原尻の滝」)

到着時間: 駐車場から徒歩2分

行き方: Googleマップの案内通りで到着

トラベルプランのアドバイス(飛行機・ホテルなどの予約方法、役立ち情報まとめ)

スペースワールド
【即完了】旅の予約を一瞬で終わらせる方法!4つの移動手段はコレで解決(旅行・出張・異動・転職時にも役立つ豆知識)一瞬でお得に予約ができるまとめ記事。 ・飛行機、電車、フェリー、バスの予約方法がわかる。 ・飛行機、宿泊、レンタカーなどの予約が一気にできる。 ・お得に安く予約ができる方法がわかる。 ...

周辺の絶景人気・おすすめスポット

【沈堕の滝】

住所: 大分県豊後大野市清川町臼尾

移動時間: 原尻の滝から、車で16分

沈堕の滝
雪舟も描いた【沈堕の滝】十三条の流れをもつ名瀑と植物が巻きつく美しい日本の廃墟【旧・沈堕発電所跡】(大分県豊後大野市)時代の変化や歴史、著名人の作品に登場する滝。美しい日本の廃墟として有名な「旧・沈堕発電所跡」も見どころの一つだ。超有名な「原尻の滝」から車で17分。是非セットで訪問して欲しい。...

【乙原の滝】

住所: 大分県別府市別府

移動時間: 原尻の滝から、車で1時間13分

乙原の滝
大分県別府は温泉・地獄めぐりだけじゃない!【乙原の滝】市内の外れに落ちる2本の秘境滝九州の中だと、私の指折りの滝。Googleの口コミ評価でも5.0の最高点だ(2021年7月時点)。大分県別府市と言えば「温泉」と「地獄めぐり」で有名だが、市内近くにあり、是非併せて訪れて欲しい場所だ。...

【別府地獄めぐり】

住所: 大分県別府市鉄輪559−1

移動時間: 原尻の滝から、車で1時間12分

別府地獄めぐり
シーンは天国、気分は極楽【別府地獄めぐり】別府温泉の熱々、絶景ゆらり旅(大分県の7つの地獄)アクセスが非常に良好。7つの地獄を手軽に短時間で訪問できる。熱湯・熱泥・噴気、ワニなど、種類が豊富で、足湯もある。極楽気分だ。最後は温泉に浸る、癒しのゆらり絶景旅がおすすめ。大分県の絶体に外せない観光名所だ。...

【トトロの森】

住所: 大分県佐伯市宇目大字南田原

移動時間: 原尻の滝から、車で39分

【稲積水中鍾乳洞】

住所: 〒879-7263 大分県豊後大野市三重町中津留300

移動時間: 原尻の滝から、車で25分

【風連鍾乳洞】

住所: 大分県臼杵市野津町大字泊1632

移動時間: 原尻の滝から、車で46分

観音滝

住所: 大分県豊後大野市

移動時間: 原尻の滝から、車で35分

観音滝 大分県豊後
知られざる山奥の秘境【観音滝】険しい道の先にある75m巨滝(大分県豊後大野市)写真を見て一目惚れし、勢いで行くことを決意。しかし行き方がネットにない。現地の人に聞き、何とか到達に成功。道はかなり荒れており、危険個所もあったが、秘境にふさわしい絶景に出会えた。落差70mはやはり強烈だ。...

【うのこの滝】

住所: 〒882-1203 宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町三ヶ所

移動時間: 原尻の滝から、車で1時間26分

うのこ滝
日本一!最大の広さの滝つぼ【うのこ滝】渓谷豊富な宮崎県五ヶ瀬町のもうひとつの鵜の子滝(絶景・秘境)なんと滝つぼの広さが日本最大。滝つぼの直径は約100m、面積は約5000㎡。ドーナツのように、森林のド真ん中に穴が開いている。柱状節理の奇岩に囲まれた台地の裂け目から流れる轟音が圧倒的だ。...

【鵜の子滝】

住所: 鵜の子滝、〒861-3663 熊本県上益城郡山都町新小

移動時間: 原尻の滝から、車で1時間47分

鵜の子の滝
まさに幻!?緑仙峡【鵜の子滝】熊本県山都町のもうひとつのうのこ滝(絶景・秘境)「鵜の子滝」、別名「幻の滝」。多種多様の滝が点在する緑仙峡。車でたどり着くのが困難で、渓谷奥までのルートは激ムズコース。気軽に来れない。ある意味“幻”だ。見事な滝が掛かるのに、もったいない。...

【五老ヶ滝】

住所: 〒861-3661 熊本県上益城郡山都町長原219

移動時間: 原尻の滝から、車で1時間42分

五老ヶ滝
矢部四十八滝の最高傑作【五老ヶ滝】通潤橋から徒歩10分の熊本県の名瀑(高千穂峡さながらの小峡谷も絶景)放水で有名なアーチ橋『通潤橋』から150mの位置にある。落差50mの断崖に囲まれた壮大な滝だ。時折、虹がかかることでも有名。矢部四十八滝の中でも最大級の滝。河鹿橋から見る苔むした峡谷も最高だ。...

【白滝(五ヶ瀬)】

住所: 〒882-1201 宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町鞍岡

移動時間: 原尻の滝から、車で1時間39分

白滝 宮崎県五ヶ瀬
真冬の奇跡。ハート型の氷瀑【白滝】渓谷も美しい宮崎県五ヶ瀬の魅惑の滝(紅葉シーズンもおすすめの絶景)五ヶ瀬の白滝は、真冬に来ると良い。滝の真ん中にハートの輪郭を作り、幻想的な魅惑の氷瀑となる。水量が少なく凍りやすいからだ。11月上旬にはイベントがあり、の紅葉シーズンも良いと聞く。...

【東椎屋の滝】(滝100選)

住所: 〒872-0724 大分県宇佐市安心院町東椎屋

移動時間: 原尻の滝から、車で1時間32分

東椎谷の滝
華厳の滝以上の渓谷美【東椎屋の滝】大分県宇佐市の日本の滝100選”九州の華厳の滝”落差85mの大瀑であり美瀑でもある。同じ宇佐市の西椎屋の滝、福貴野の滝と並んで「宇佐の三瀑」と賞される。栃木県日光の華厳の滝に似ており『九州華厳』とも呼ばれているが、正直、渓谷美は華厳の滝以上の見応えだ。...

【九酔渓温泉】

住所: 〒879-4911 大分県玖珠郡九重町田野

移動時間: 原尻の滝から、車で1時間10分

九酔渓
渓谷美と9つの滝が素敵な【九酔渓】温泉・大分県の紅葉と新緑が美しい滝街道の絶景(駐車場なし、訪問方法も解説)険しい断崖絶壁が2キロ続く『九酔渓』は、日本一の高さを誇る「九重“夢”大吊橋」が架かる鳴子川渓谷に含まれる。紅葉人気で、秋の訪問がベスト。近くには秘湯「九酔渓温泉」もあり、心と身体の疲れを芯から癒してくれる。...

【夫婦滝】

住所: 〒869-2402 熊本県阿蘇郡南小国町満願寺

移動時間: 原尻の滝から、車で45分

夫婦滝
日本で唯一のリアル出逢い滝【夫婦滝】鍋ケ滝以上にロマンチック?大切な人との愛のバトンタッチができる、熊本県阿蘇小国町の絶景知る人ぞ知る、幸せになれるデートスポット。2つの川が1つに結ばれる、類まれな滝で「出逢い滝」「縁結び滝」とも呼ばれる。大切な人に気持ちを伝える場所にぴったりだ。牧歌的な田園風景のドライブデートに打ってつけ。...

関連記事