国内旅行スポットを探す

《岡山県》車の旅行者必見!ひとりドライブで撮影スポットを探そう【定番から穴場観光地・2023年まとめ】

旅スポット_岡山

”絶景” を求めて訪問した観光スポット約5,000箇所。クルマ日本一周を2度経験した『絵空(@esorablog)のブログ』へ ようこそ。

日本全国の定番から穴場スポットまでをご紹介しております。

今回のテーマは岡山県です。

目次
  1. 岩井滝(裏見の滝)(鏡野町観光)|秘境トラベラー必見!滝の裏から映える景色が見える
  2. 羽山渓 第2トンネル(羽山第二隧道)|岡山市内から日帰り・半日で行ける観光スポット
  3. 羽山渓 羽山の片洞門(高梁市観光)|ツーリングで見逃せない立ち寄りスポット
  4. 神庭の滝(真庭市観光)|11月の秋の紅葉が絶品!野生のサルもいっぱいで大人も楽しく遊べる
  5. 満奇洞(新見市観光)|岡山鍾乳洞巡りで外せないフォトジェニックな人気スポット
  6. 鈴木の滝(高梁市旅行)|苔むした緑の絶景!冒険気分を楽しもう
  7. 備中鐘乳穴(真庭市旅行)|インスタ映えする写真を撮ろう!鍾乳洞巡りをするならおすすめ
  8. 井倉洞 井倉の滝(新見市旅行)|見どころ豊富!滝も見逃せない奇岩だらけの鍾乳洞
  9. 絹掛の滝(新見市観光)|石の彫刻も見所なドライブ立ち寄りスポット
  10. 夫婦岩(岡山県高梁市観光)|ツーリングにピッタリ!見晴らしいの良い絶景スポット
  11. 鳴滝峡の滝・雄滝(井原市観光)|岡山県のおもしろスポット?11の滝があう隠れた穴場スポット
  12. 沢柳の滝(高梁市観光)|県民・地元住人にも愛される山村の嬉しい清流ポイント
  13. 渕尾の滝(地蔵の滝)(美作市観光)|ライダー必見!マニアックな暇つぶしスポット
  14. 併せて読みたいブログ記事まとめ(おすすめスポット紹介)
  15. SNS情報(Instagram・Twitter)

岩井滝(裏見の滝)(鏡野町観光)|秘境トラベラー必見!滝の裏から映える景色が見える

岩井滝

“水のカーテン”で有名な熊本県の鍋ケ滝を彷彿とさせる滝。
鍋ケ滝と同じく“裏見の滝”となっております。

鍋ケ滝よりも色んな角度から撮影可能で、人がおらず思うがままに遊べます。 私はこちらの方が好きかな。

〒708-0601 岡山県苫田郡鏡野町上齋原

羽山渓 第2トンネル(羽山第二隧道)|岡山市内から日帰り・半日で行ける観光スポット

羽山渓 羽山第2トンネル

石灰岩でできた約2kmに及ぶ渓谷にあるトンネル。

ライダーがいて、クライマーがいて、旅人もいて…。
前からも後ろからも色んな人がやってきており、車で来た私は来るもの帰るのも渋滞で大苦戦でした。
でも来た甲斐は余計感じました。

羽山第1トンネル近くの「羽山の片洞門」も見ごたえあります。

〒716-0122 岡山県高梁市成羽町羽山

羽山渓 羽山の片洞門(高梁市観光)|ツーリングで見逃せない立ち寄りスポット

羽山渓 羽山の片洞門

羽山渓と言えば「羽山第2トンネル」が有名ですが、手前にあるこちらもおすすめ。
羽山第2トンネルでは前からも後ろからも色んな人がやってきており、車の私は来るのも帰るのも渋滞で大苦戦でしたが、こちらは空いていてゆっくりできました。

岡山県高梁市成羽町羽山

神庭の滝(真庭市観光)|11月の秋の紅葉が絶品!野生のサルもいっぱいで大人も楽しく遊べる

神庭の滝(滝100選)

日本の滝100選の落差110mの巨瀑。

猿の楽園と言われる大分県「高崎山」や長野県「地獄谷野猿公苑」の訪問時では、サルが数匹しかおらず、“野生ザルの大群は非常にレア”という位置づけがなされていた私。
そんな私が、神庭の滝で野生ニホンザルの大群に遭遇。

紅葉シーズンを狙って訪問したのですが、紅葉そっちのけでサルに夢中になり、気づけばサルの写真ばかり撮影してしまいました。
ちょっとしたモンキーパークです。

秋の紅葉の見ごろは、11月上旬~11月下旬。

神庭の滝
【神庭の滝自然公園】猿がいない時期も?駐車場/アクセス/行き方/入場料を解説!秋の紅葉が見頃の岡山県のパワースポット滝と紅葉と、野生ニホンザルという組み合わせ。日本で唯一だ。猿の楽園と言われる高崎山や地獄谷野猿公苑よりも猿が多いのではないか。上高地のサルくらい近づいても逃げない。ちょっとしたモンキーパーク。落差110mの滝も壮観で、鮮やかな紅葉が印象的。...

〒717-0004 岡山県真庭市神庭

満奇洞(新見市観光)|岡山鍾乳洞巡りで外せないフォトジェニックな人気スポット

満奇洞

岡山県指定天然記念物である鍾乳洞。
歌人・ 与謝野晶子 が「奇に満ちた洞」と詠んだことから命名されました。

カラフルにライトアップされた鍾乳洞で、特徴的なスポットが多く、まさに名前の通りと言った印象です。

〒719-2721 岡山県新見市豊永赤馬2276−2

鈴木の滝(高梁市旅行)|苔むした緑の絶景!冒険気分を楽しもう

鈴木の滝(すすうぎのたき)

“すすぅきのたき”と読みます。
落差は50mで4段をうねりながら落下する面白い形状の滝です。

水量が豊富で、日照りの時期に行きましたが、変わらずの激流でした。
緑の苔が美しく、癒されました。

道は非常にわかりにくいですが、目を凝らせばわかります!

〒716-0000 岡山県高梁市

備中鐘乳穴(真庭市旅行)|インスタ映えする写真を撮ろう!鍾乳洞巡りをするならおすすめ

備中鐘乳穴

平安時代に書かれた『日本三大実録』にも登場し、古くから存在を確認されている場所。

岡山県って、鍾乳洞がいっぱいです。
有名どころで言うと、「井倉洞」「満奇洞」とか。
いずれもオススメです。

備中鐘乳穴は規模が比較的小さいからか、“乳穴”という表現だけど、岡山県で一番好きな鍾乳洞です。

〒716-1411 岡山県真庭市上水田8854−1

井倉洞 井倉の滝(新見市旅行)|見どころ豊富!滝も見逃せない奇岩だらけの鍾乳洞

井倉洞 井倉の滝

岡山県指定天然記念物。
井倉峡にかかる滝で、落差72m。
井倉洞の中から見上げることも可能です。

井倉洞は全長1200mと広大であり、「銀すだれ」「くらげ岩」など、様々な名前のついた岩が存在します。

〒719-2551 岡山県新見市井倉411

絹掛の滝(新見市観光)|石の彫刻も見所なドライブ立ち寄りスポット

絹掛の滝

井倉峡・井倉洞を訪問した際、案内所の方におすすめされたのが絹掛の滝。

筆でなぞったように垂直落下する滝が美しいと評判。
加えて、石の彫刻が多数設置されているのも特徴的です。
石の鯉が滝登りしていて癒されますね。

〒718-0001 岡山県新見市草間12267−1

夫婦岩(岡山県高梁市観光)|ツーリングにピッタリ!見晴らしいの良い絶景スポット

夫婦岩 岡山県

羽山渓「断崖のトンネル」を訪問したついでに、気まぐれで立ち寄ったのですが、なんとなんと…
最高じゃないですか!

ニョキッと生えるように突き出た岩も凄いですが、山の丘陵や河川の流れ、田園風景といったパノラマが感動級でした。

〒716-0335 岡山県高梁市成羽町布寄2787

鳴滝峡の滝・雄滝(井原市観光)|岡山県のおもしろスポット?11の滝があう隠れた穴場スポット

鳴滝峡 二ノ滝

鳴滝峡は、1kmの区間に11もの滝がある名勝として有名。
中でも、写真の雄滝が最大の滝で評判も高いです。
信仰されており、参拝者も多いとか。

〒714-2104 岡山県井原市芳井町花滝

沢柳の滝(高梁市観光)|県民・地元住人にも愛される山村の嬉しい清流ポイント

沢柳の滝

石灰岩層の内側を流れていた伏流水が地表に出て流れ落ちる滝のようで、全国的にも珍しいとのこと。
鍾乳洞の多い岡山県ならではといった印象。

道路沿いにあるので気軽に訪問ができます。
水も綺麗で地域の人に愛されている滝でもあります。

〒716-0211 岡山県高梁市川上町上大竹

渕尾の滝(地蔵の滝)(美作市観光)|ライダー必見!マニアックな暇つぶしスポット

渕尾の滝(地蔵の滝)

県道沿いに看板があり、歩いて数分でたどり着きます。
見た目のインパクトは少々弱いですが、ただ岩も盛り上がりがカッコよくて、個人的に好きな滝。
次は水量が多い日に行きたいですね。

〒701-2614 岡山県美作市上山

併せて読みたいブログ記事まとめ(おすすめスポット紹介)

近隣の都道府県のまとめ記事も併せてご覧ください。

その他、47都道府県のおすすめスポット紹介ブログはメニューの「旅スポットを探す」からご覧いただけます。

広島県_旅スポット
《広島県》意外と知られていない掘り出し旅スポット【定番から穴場観光地まとめ・2023年まとめ】日本全国の定番から穴場スポットをご紹介しております。今回のテーマは広島県です。...
兵庫県_旅スポット
《兵庫県》絵になる絶景スポットを旅しよう【定番から穴場観光地・2023年まとめ】日本全国の定番から穴場スポットをご紹介しております。今回のテーマは兵庫県です。...
香川県_旅スポット
《香川県・小豆島・豊島》絶対に外さない!旅行スポット【定番から穴場観光地・2023年まとめ】日本全国の定番から穴場スポットまでをご紹介しております。今回のテーマは香川県です。...

SNS情報(Instagram・Twitter)

Instagram(@_trip_travel_journey_)では、定番スポットは勿論、穴場スポットや隠れた名所、マイナースポットなどをさらに幅広く発信中です。

気になることがありましたら、コメント・DM・タグ付けなど、お気軽にご連絡ください!

旅行の参考になったという方は、いいね・フォロー・保存してくれたら嬉しいです!

Twitterはこちら▶(@esorablog

    関連記事