絶景

【神庭の滝】高崎山や地獄谷野猿公苑よりもサルがいっぱい!紅葉が美しい日本の滝100選の岡山県の絶景

Kanbanotaki

”絶景” を求めて訪問した観光スポット約4.000箇所。クルマ日本一周を2度経験した『絵空のブログ』へ ようこそ。

猿の楽園と言われる大分県「高崎山」や長野県「地獄谷野猿公苑」の訪問時では、数匹のサルしかおらず、自然の中のサルの大群が非常にレア、という位置づけがなされていた私。

そんな私が、岡山県真庭市の神庭の滝で大勢の野生ニホンザルに遭遇。

紅葉シーズンを狙って訪問したのですが、紅葉そっちのけでサルに夢中になり、気づけばサルの写真ばかり撮影。

「神庭の滝」のサルは、近づいても逃げない。長野県「上高地」のサルくらい微動だにしない。

ちょっとしたモンキーパークです。

上高地
奇跡の絶景を歩く【上高地】年間200万人が訪れる長野県が誇る "自然美の極地"日本屈指のリゾート山岳景勝地。3,000m級の山々が連なる穂高連峰ふもとにあり、連山と自然の景色が感動的。川の透明度にどれほど驚かされたことか。歩きやすい整備されたコースのハイキングは心が蘇る。最高の思い出だ。...

概要(観光地の魅力・国内旅行情報)

名称: 神庭の滝

よみ: かんばのたき

滝型式: 段瀑

落差: 110m

所在地: 岡山県真庭市神庭

営業時間・開業時間: 午前8時30分~午後5時15分(年末年始は休園)

ベストシーズン: 11月上旬の紅葉シーズン、新緑シーズン

訪問日: 2018年11月24日

訪問時間: AM10:00~10:45

所要時間・滞在時間(駐車場に到着から出発)

・お急ぎ・健脚の方:    20分

・じっくり・ご年配の方:  45分

・備考:駐車場から片道8分ほど

入園料金・入場料金は必要? → 大人300円

大人   300円

小中学生 150円 

備考:20名以上で2割引となる

   園内には野生の猿が生息しているので、ペットの入園は禁止

猿はいない時もある。常にいる訳ではない。

公園内で猿を飼育している訳ではありません。あくまで野生の自由な猿。

野いちごや木の実が多い時期は山で過ごすため、公園内に猿がいない日もあるそうです。

日本の滝100選をはじめ、数多くの指定・選定を持つ

日本の滝百選で有名でもある『神庭の滝』ですが、他にも「日本百景」に選ばれており、また周囲は岡山県立自然公園にも指定されています。

国の名勝でもあります。

映画やドラマのロケ地としても度々登場

・「祟りじゃ〜っ!」でおなじみの映画『八つ墓村』(1977年)のオープニングで使用

・NHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」(2003年)のロケ地としても有名な滝

NHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」と言えば、山乗渓谷の『山乗不動滝』(岡山県)もロケ地として使用されました。

そうめん流しでも人気なようで、水がきれいです。

現地到着までの検索方法 “道案内”

Googleマップの案内通りで到着(駐車場から片道8分で目的地)

入園料300円を支払い、「神庭の滝」へ

「神庭の滝自然公園」として整備されており、遊歩道はとってもきれい

道中の『玉簾の滝』も中々に乙で風流

玉垂の滝

年中たえることなく落ちる水滴は、水晶の玉を連ねた姿を思わせて、「玉垂の滝」と名付けられた。 また、降りそそぐ雨が草ぶき屋根の軒先から落ちる雨だれにも似ている。

案内板より

神庭の滝自然公園内には、200匹近いと言われる野猿が群生

朝ごはんかな?

どの猿もお口をむにゃむにゃしながら徘徊中

縦横無尽に闊歩し、至るところに出没

園内には200匹の野生ニホンザルが生息しているそうですが、この日は100匹近くいたのではないだろうか

猿にもグループがありますからね

ちなみに、高崎山は3つグループがあり、その内、私が出会った猿は、グループに属さないフリーな数匹の猿でした

人間界同様、猿の世界も厳しいのでしょうか

滝と紅葉と、野生のニホンザル

日本全国探しても、この組み合わせはどこにもない

昔の情緒を残した辺境の地、といった印象

さすが、“山大国” 岡山県

自然との調和が本当に素晴らしい

目的地に到着!(インスタ映え・フォトジェニック・写真撮影スポット)

ピークは11月上旬ですが、この年は後ろにずれ込み11月下旬でもこの紅葉の色具合でラッキーでした

滝周辺以外は散っている場所も多かったのですが、滝の飛沫がミストとなった涼しい空気のおかげで、滝周辺は発色の良い紅葉を見ることができました

「神庭の滝」は、マイナスイオン効果を身をもって実感した場所でもあります

でかい?落差110m、高層ビル36階相当

落差110m級は西日本最大級。

でかい!でかいんだけど、でかく感じない。なぜか。

理由は2つ。

1つ目が、上部に落差の小さい滝がある段瀑であり、地上からは見えないから。しかし上段部は登らないと目にすることは出来ない。

2つ目が、恐らく、同じ中国地方の落差126mを誇る広島県『常清の滝』の印象が強いから。

同じく日本の滝100選の名瀑

展望台からでないと全景が確認できない程のスケール

神庭の滝からは車で2時間27分

中国地方屈指の巨爆、だけではない豊富な魅力

先ほど挙げた『常清の滝』と『神庭の滝』、どちらが凄いか?好きか?質問されたならば、間違いなく『神庭の滝』と答えます。

大きさでは負けているかもしれませんか、遊歩道はきれいだし、『玉垂の滝』もあるし、紅葉がきれいだし、それに、おサルさんがいっぱい いるし。

差はおサルなのか?

いやいやいや、豊富な魅力の総合力がとにかく圧巻の滝だから、とっても大好きな滝なのです。

アクセス・行き方・駐車場 詳細(車の場合)

住所: 岡山県真庭市神庭

駐車場: あり(94台)

到着時間: 駐車場から徒歩8分

行き方: Googleマップの案内通りで到着

周辺の絶景人気・おすすめスポット

常清の滝(滝100選)

住所: 広島県三次市作木町下作木

移動時間: 神庭の滝から、車で2時間27分

山乗不動滝

住所: 岡山県真庭市蒜山下和

移動時間: 神庭の滝から、車で41分

大山滝(滝100選)

住所: 鳥取県東伯郡琴浦町野井倉

移動時間: 神庭の滝から、車で1時間6分

大神山神社 奥宮

住所: 鳥取県西伯郡大山町大山1

移動時間: 神庭の滝から、車で1時間16分

備中鐘乳穴

住所: 岡山県真庭市上水田8854−1

移動時間: 神庭の滝から、車で43分

満奇洞

住所: 岡山県新見市豊永赤馬2276−2

移動時間: 神庭の滝から、車で53分

羅生門

住所: 岡山県新見市

移動時間: 神庭の滝から、車で1時間5分

井倉洞

住所: 岡山県新見市井倉409

移動時間: 神庭の滝から、車で1時間13分

龍王滝(幽霊滝)

住所: 鳥取県日野郡日野町中菅

移動時間: 神庭の滝から、車で1時間13分

羽山渓

住所: 岡山県高梁市成羽町羽山

移動時間: 神庭の滝から、車で1時間34分

【岩井滝】

住所: 〒708-0601 岡山県苫田郡鏡野町上齋原

移動時間: 神庭の滝から、車で1時間18分

関連記事