日本一周

眺望絶佳の秘境駅【奥大井湖上駅】七色の湖面を横断する静岡県のレインボーブリッジ

Okuoikojoeki

こんにちは、絵空です。

『ザ・ベストハウス123』で「日本の不思議な駅ベスト3」の第1位にランクインされ、一躍脚光を浴びることとなったのが【奥大井湖上駅】

ホームの一部は橋梁上にもせりだしており、正真正銘、駅名通り「湖上」となっています

V字谷の一風変わった湖上駅というだけでも見栄えする景観なのですが、極めつけが接岨湖の特殊な色彩

天候や太陽の光の加減によって変化し、エメラルドグリーンとも、エメラルドブルーとも、コバルトブルーとも、ターコイズブルーともいく通りにも表現される神秘の湖

この地域では『寸又峡”夢の吊り橋”』が特別有名ですが、寸又峡からクルマで24分の【奥大井湖上駅】も併せて訪れたい絶景スポットです。

sumatakyouyumenoturibasi
もはや空中ブランコ。【寸又峡”夢の吊り橋”】(静岡県)ここは天国?エメラルドグリーンの湖面に浮かぶ神秘の吊り橋【絶景・秘境・】今回の日本一周では絶対に行きたい!という思いで訪れました。しかし、天候は最悪の大雨。吊り橋の足元はほぼ2枚の薄い板、雨で足を滑らすかもしれない、強風で揺れに揺れまくっているのではないか。空中ブランコのように。落ちたら天国ゆきかな。...

観光地情報

名称:奥大井湖上駅

よみ:おくおおいこじょうえき

所在地:静岡県榛原郡川根本町梅地

訪問日:2019年10月29日

訪問時間:PM12:00~PM12:30

『奥大井湖上駅展望台』を目指す(不動トンネル近くに駐車)

不動トンネル近くにクルマをとめる

ここから先は徒歩で進む

Googleマップだと「★ココ」の場所

今回は『奥大井湖上駅展望台』へ向かいます

【奥大井湖上駅】に行きたい方は矢印の方向へ進んでいくと、駐車場(9台)があります

詳しくはこちら▼をご確認ください。

駅の出入口は接岨峡温泉側の鉄橋に併設されている歩道で、これを渡ると階段・山道を経由して静岡県道388号接岨峡線に出ることができる。県道には当駅の駐車場も用意されているものの、駐車場と駅との間は片道で20分ほどの時間を要する。利用者はほぼ全員が観光客であり、当駅や展望の良い丘や橋を通ること自体が人気のウォーキングコースとなっている。大井川鐵道では当駅から接岨峡温泉駅までのハイキングコースを案内している。

出典:ウィキペディア

大井川鐵道トロッコ列車の旅もおすすめ

現地に到着(駐車スペースから徒歩4分)

不動トンネル近くの駐車スペースから徒歩4分ほどで「レインボーブリッジ湖上遊歩道」の案内板が

今日は大雨で濃霧という最悪の天候

谷に霧が立ち込めている

目的地【奥大井湖上駅】に到着!

駐車スペースから10分で到着

霧が覆われていて、うっすらとしか見えない

最悪の気分

しかし、しかと見るまでは帰れない

諦められず、10分間、待機

信じれば奇跡は必ず訪れる

霧が晴れた

モーゼ級の奇跡が到来

【奥大井湖上駅】がはっきり見える

人は誰もいない

山の霧が湯気みたい

水の色がお見事

今日は大雨が影響し湖が濁った青ですが、それでも絶妙な色合いで美しい

変化に富む接岨湖の水の秘密は、「チンダル現象」という物理化学的現象によるもの

寸又峡も同様とのことです

信じれば奇跡は再び訪れる

なんと、列車がやってきた!

人は誰もいないけれど

大雨と濃霧という悪天候の中、本当に来てよかったと感動

愛称は奥大井恋錠駅(おくおおいこじょうえき)

当駅のホーム上には、幸せを呼ぶ鐘「Happy Happy Bell 風の忘れもの」が設置されており、その脇には「愛の鍵箱」と呼ばれるオブジェが設置されている。「愛の鍵箱」は恋人が愛を誓って錠前をかける場となっており、このための錠前と鍵のセット「愛の恋錠」が奥泉駅、井川駅等で販売されている。

出典:ウィキペディア

眺望絶佳の秘境駅【奥大井湖上駅】七色の湖面を横断する静岡県の奥大井レインボーブリッジでした。

アクセス(行き方)

住所:静岡県榛原郡川根本町犬間

駐車場:あり(奥大井湖上駅展望台へ向かう場合は、遊歩道の目の前に2,3台)

到着時間:駐車場から徒歩10分

行き方:Googleマップの案内通りで到着

周辺おすすめ絶景スポット

【寸又峡”夢の吊り橋”】

住所:静岡県榛原郡川根本町千頭

移動時間:奥大井湖上駅から、車で24分

sumatakyouyumenoturibasi
もはや空中ブランコ。【寸又峡”夢の吊り橋”】(静岡県)ここは天国?エメラルドグリーンの湖面に浮かぶ神秘の吊り橋【絶景・秘境・】今回の日本一周では絶対に行きたい!という思いで訪れました。しかし、天候は最悪の大雨。吊り橋の足元はほぼ2枚の薄い板、雨で足を滑らすかもしれない、強風で揺れに揺れまくっているのではないか。空中ブランコのように。落ちたら天国ゆきかな。...

【竜ヶ岩洞】

住所:静岡県浜松市北区引佐町田畑193

移動時間:奥大井湖上駅から、車で2時間1分

関連記事