MENU
絶景

日本一長い砂丘!【吹上浜「砂の祭典」】年に一度、最も長い歴史を持つゴールデンウィークの「砂のイベント」(鹿児島県南さつま市)

吹上浜 砂の祭典

”絶景” を求めて訪問した観光スポット約4.000箇所。クルマ日本一周を2度経験した『絵空のブログ』へ ようこそ。

吹上浜は、「鳥取砂丘(鳥取県)」「中田島砂丘(静岡県)」とならぶ日本三大砂丘の一つ。

47km続く日本一長い砂丘であり、美しい白砂青松の景色は、日本の渚百選にも選定されています。

日本の白砂青松100選にも選定されており、日本で最も長い歴史を持つ「砂のイベント」としても認知されています。

吹上浜の浜辺には毎年、ウミガメも産卵にやって来るそうです。

隠れたタイトルホルダー【吹上浜「砂の祭典」】詳しく解説していきます。

観光地の概要、魅力・旅行情報

名称: 吹上浜「砂の祭典」

よみ: ふきあげはま「すなのさいてん」

所在地: 鹿児島県南さつま市金峰町高橋

開催期間: 毎年5月上旬から下旬の間、20日間ほど

訪問日: 2018年5月24日

訪問時間: PM16:00~17:00

白砂青松とは? 解説・説明

白砂青松(はくしゃせいしょう)とは、白い砂と青々とした松(主にクロマツ)により形成される、日本の美しい海岸の風景のたとえ。「はくさせいしょう」とも読むことがある。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

会場は「吹上浜海浜公園」ではないので、注意

私は間違えて「吹上浜海浜公園」に向かってしまったのですが、会場は別の場所です。

「吹上浜海浜公園」から車で8分の場所にある『吹上浜 砂の祭典 会場』で行われています。

Googleマップ検索でも案内が出るので、間違えないようにしましょう。

住所は以下の通りです。

住所: 「吹上浜 砂の祭典 会場」 〒899-3404 鹿児島県南さつま市金峰町高橋

開催期間、営業時間・開業時間(※2021年は中止)

毎年5月上旬から下旬の間、20日間ほど、ゴールデンウィーク時期に開催されます。

2021年はあいにく、コロナウイルスの影響で中止になったようです

非常に残念

2020年の日程は、以下の通りでした。

開催期間: 2020年5月2日(土)~5月24日(日) 23日間

ゴールデンステージ
5月2日(土)~6日(水) 5日間/開場時間 9:00~21:00

セカンドステージ
5月7日(木)~24日(日) 18日間/開場時間 9:00~17:00
※2020吹上浜砂の祭典は休園日はございません。

入場料

ゴールデンステージ
大人1,000円(前売券700円)、小・中学生500円(前売券400円)

セカンドステージ
大人500円、小・中学生300円(当日券のみ)
※20名以上の団体様は、当日券の金額より1割引きでご利用いただけます。

公式ホームページはこちら▼

2022年は開催決定! 期間は、5月3日から5日

2021年7月時点では、2022年は開催すると、ホームページで掲載されておりました。

ちょっと短い気がしますが、開催決定は喜ばしいニュースですね!

直前になったら、さらに詳細に掲載されると思いますので、事前にHPで確認をして現地に向かいましょう。

吹上浜 砂の祭典 in 南さつま

現地到着までの“道案内” (駐車場から片道2分で目的地)

Googleマップの案内通りで到着(シルバーステージ)

【ゴールデンステージ】ではなくシルバーステージで入場することに

【ゴールデンステージ】は、すでに終了しておりました

【シルバーステージ】の駐車場の状況はガラガラで、道路も混雑は全くありませんでした

目的地に到着!(インスタ映え・フォトジェニック・写真撮影スポット)

白い砂と青々とした松

これが白砂青松(はくしゃせいしょう)か

展望台に登って全体を眺める

広大な白砂青松が素晴らしいロケーション

もっと展望台が高ければ良いのにな

2018吹上浜砂の祭典の砂像テーマ『ジュラシックファンタジー』

サブテーマは『~進化の足音、どん・どん・どん~ 』

2018年にブレイクしたNHK大河ドラマ『西郷どん』の ”どん” をかけていると見た

タイトル『カンブリア紀古生物』

 ”どん” の要素なし

かわいい恐竜

規模は小さいけど、砂像の数は豊富

迫力もあって、非常に楽しい

色んな人が作った作品なので、美術館のようなワクワク感がたまらない

細かいゴツゴツとした恐竜の皮膚の表面をリアルに再現

今にも動き出しそうな生き物の脈を感じる完成度

まさに『どん・どん・どん』と恐竜の足音が聞こえてきそうな臨場感

最大の目玉は『記念砂像&招待彫刻家』

『飛び出す進化図鑑』

人類による歴史の進化が幕を開ける

『明治維新(日本)』

招待作家/茶圓 勝彦

日本でただ一人のプロの砂像彫刻家であり砂像制作の第一人者

「世界が尊敬する100人の日本人」にも選出された過去があるとのこと

日本人の誇りですね

『オランダ貿易(鎖国と出島)』

招待作家/Joris Kivits(ヨリス キヴィッツ)

繊細でもろく扱いが非常に難しい”砂”ですが、細部にまでこだわり作りこみまれた珠玉の作品

『黒船来航』

招待作家/Sue McGrew(スー マクグリュー)

逆光がまぶしい

背中までまぶしい

配置ミス?

『アロー戦争(第二次アヘン戦争)(清国)』

招待作家/JooHengTan(ジョーヘン タン)

私の一番のお気に入り

人間の手で作り上げたとは思えない究極の出来栄え

神の御業か、唯一無二の奇跡の傑作

【吹上浜「砂の祭典」】は、言葉をのむ最高の制作物が目白押しの、年に一度の ”砂の大イベント” です。

2022年は開催されますように…

アクセス・行き方・駐車場(車の場合)

住所: 鹿児島県南さつま市金峰町高橋

駐車場: あり 【収容台数】約1,600台を予定

到着時間: 駐車場から会場まで徒歩3分

行き方: Googleマップの案内通りで到着

周辺の絶景人気スポット・おすすめスポット

【火之神公園】

住所: 鹿児島県枕崎市火之神岬町47

移動時間: 吹上浜「砂の祭典」から、車で38分

【龍門滝】

住所: 鹿児島県姶良市加治木町木田5266−1

移動時間: 吹上浜「砂の祭典」から、車で1時間5分

龍門の滝
日本の滝100選【龍門滝】大河ドラマ「西郷どん」のロケ地『龍門司坂(たつもんじざか)』近くの名勝(鹿児島県姶良市)森と一体となり幽玄の美を秘める滝。昔、唐人が絶賛し、名づけられた。近くに大河ドラマ「西郷どん」のロケ地の「龍門司坂」がある。苔むした石畳が美しい。龍門滝から徒歩10分。併せて訪れたい。...

【龍門司坂】

住所: 鹿児島県姶良市加治木町木田5088−1

移動時間: 吹上浜「砂の祭典」から、車で1時間4分

【射楯兵主神社(釜蓋神社)】

住所: 鹿児島県南九州市頴娃町 別府 6827

移動時間: 吹上浜「砂の祭典」から、車で42分

【番所鼻自然公園】

住所: 鹿児島県南九州市頴娃町別府5202−1

移動時間: 吹上浜「砂の祭典」から、車で41分

【伏目海岸】

住所: 鹿児島県指宿市山川福元

移動時間: 吹上浜「砂の祭典」から、車で1時間11分

【鹿目の滝】(滝100選)

住所: 熊本県人吉市鹿目町

移動時間: 吹上浜「砂の祭典」から、車で1時間57分

鹿目の滝
日本の滝100選【鹿目の滝】(雄滝)巨大な双翼をもつロボット兵似の勇壮な滝(熊本県人吉市)滝通には欠かせない本『日本の滝〈2〉』の表紙に堂々と選ばれている滝。西日本の滝紹介の767本のキングと言って良い。羽を広げるように構える姿が勇壮だ。8月の第1日曜日には、鹿目の滝祭りが催され、地元民にも愛される。...

【曽木発電所遺構】【曽木の滝】

住所: 〒895-2526 鹿児島県伊佐市大口宮人

移動時間: 吹上浜「砂の祭典」から、車で1時間43分

Sogihatsudenshoiko
ラピュタの世界で哀愁を【曽木発電所遺構】夏に出現するジブリ・クオリティの鹿児島県の絶景はっとさせられる虚構の世界だ。湖底に沈む夏にだけ姿を現す“幻の遺構”。インスタ映えするあせた赤レンガが“ラピュタの城”に似ていると、SNSで知名度が上昇。懐かしい哀愁が胸を温かくする“ノスタルジェニック”な場所だ。...

【女山滝】

住所: 〒899-5652 鹿児島県姶良市平松

移動時間: 吹上浜「砂の祭典」から、車で56分

【仙巌園】

住所: 〒892-0871 鹿児島県鹿児島市吉野町9700−1

移動時間: 吹上浜「砂の祭典」から、車で53分

関連記事