絶景

美しいのは美瑛ブルーだけじゃない!?【白金 青い池】富良野・旭川と併せて訪問必至の北海道の絶景

白金 青い池

”絶景” を求めて訪問した観光スポット約4.000箇所。クルマ日本一周を2度経験した『絵空のブログ』へ ようこそ。

こちらの風景、見覚えがある方も多いのではないでしょうか。

何を隠そう、あのApple社の壁紙に採用された、世界が認める北海道美瑛の絶景白金 青い池

元々、火山泥流災害を防ぐため、美瑛川本流に建設された堰堤に水がたまり、偶発的に発生したのが始まり。

言わずと知れた、【白金 青い池】の誕生秘話です。

札幌市から車で観光でき、富良野・旭川のエリアと併せて訪問できるのも魅力の1つ。

私は朝「旭川動物園」、昼「富良野観光・美瑛の丘巡り」、夕「美瑛 白金 青い池」を一日で訪問しました。鉄板のおすすめコースです。

季節、気候、時期によって様々に変化する “青いろ”。

雪解け水が合流するグリーンがかったブルーのが一番という呼び声が高いが、明度を増すブルーと新緑が輝く初夏も勝るとも劣らない。

いや、私が訪れた、立ち枯れたカラマツと緑・黄色・赤の秋色が、淡いブルーに反射し、絶妙のコントラストの新秋も捨てがたい。

待てよ、は氷に閉ざされた かすんだブルーが、ライトアップで原色の光に照らされ、どの季節よりも鮮やかで幻想的だ。

結局、いつ行っても、感動三昧な「白金 青い池」。

目次
  1. 概要(観光地の魅力・国内旅行情報)
  2. 現地到着までの検索方法 “道案内”
  3. 目的地に到着!(インスタ映え・フォトジェニック・写真撮影スポット)
  4. アクセス・住所・行き方・駐車場 詳細(車の場合)
  5. お得な買い物 参考(有名なお土産、地方の特産品・名産品)
  6. トラベルプランのアドバイス(飛行機・ホテルなどの予約方法、役立ち情報まとめ)
  7. 周辺の絶景人気・おすすめスポット

概要(観光地の魅力・国内旅行情報)

名称: 白金 青い池

よみ: しろがね あおいいけ

所在地: 北海道上川郡美瑛町白金

営業時間: 5月~10月(7:00~19:00)

      11月~翌4月(8:00~21:30)

ベストシーズン: 5月中旬から6月下旬が特に水質が良いという説あり。

         オールシーズン見どころあり。

訪問日: 2019年10月5日

訪問時間: PM15:45~16:15

所要時間・滞在時間の目安(駐車場に到着から出発)

・お急ぎ・健脚の方:    10分

・じっくり・ご年配の方:  20分

駐車場について

駐車場: あり(有料/約100台)乗用車 500円     
駐車場利用時間: 5月~10月 7時~19時
         11月~4月 8時30分~21時30分

冬季に期間限定でライトアップ

ライトアップ期間:  11月1日~4月30日

冬の風物詩となっています。ライトアップされた「白金 青い池」は、とりわけ幻想度が増し、見るものを虜にします。

一番青く見えるタイミング・時間帯とは?

訪問するタイミングは、晴れが続いた無風の晴天がベスト。

時間帯は、ネットで調べると主観が多く、ベストの感覚がまちまち。私の考えでは、

・美しいグリーンブルーが見たければ、早朝がベスト

・立ち枯れたカラマツ、秋の紅葉の湖面反射が見たければ、午後以降がベスト

という結論に達しました。

ちなみに私は夕方近くに訪問しましたが、立ち枯れたカラマツと、秋色に変わる間際の緑・黄色・赤のカラフルが湖面に反射して、息を呑む美しさでした。

撮影スポットは無数にあり、色んな角度から撮影できますので、どの時間に訪れても“最高の一枚”はどこかしらで写真に収めることが可能なはずです。

混雑・渋滞の状況は?

先にも述べたように、「白金 青い池」がある美瑛地区は、富良野・旭川地区に隣接しており、観光客が増えるシーズンだと当然混雑します。

特に、富良野のラベンダー季節となる、7月前後の6月~8月は、とても混むとのこと。

観光客が多くなる午後過ぎを外して、朝か夕方を狙って訪問するのも作戦ですね。

「白金 青い池」の読み方は? → しろがね あおいいけ

以外に読めない方が多いとのことです。

「しろがね」と読みます。かっこいいですね。

北海道はかっこいい名前がいっぱい。

現地到着までの検索方法 “道案内”

Googleマップの案内通りで到着(駐車場から片道2分で目的地)

道道966号線、別名「白樺街道」

ドライブが爽快で、気分は最高潮

駐車場(有料500円)に車をとめ、「白金 青い池」へ歩いて向かいます

徒歩2分と、あっと言う間に到着

白樺遊歩道も魅力のひとつ

白金温泉の無料駐車場から約3キロ続く白樺遊歩道歩いて「白金 青い池」に来る方も多いようです

目的地に到着!(インスタ映え・フォトジェニック・写真撮影スポット)

前日が雨だったので、濁った“青いろ” なのではないかと心配しましたが、綺麗な“青いろ”でした

秋口なので、淡い青と言った色合いですが、十分 心満たされる色合い

朽ち枯れたカラマツと緑・黄色・赤の秋色で、カラーが眩しい時期でした

朽ち枯れた絶景スポットなら、長野県の山岳リゾート「上高地」もおすすめ。過去記事はこちら▼

上高地
奇跡の絶景を歩く【上高地】年間200万人が訪れる長野県が誇る "自然美の極地"日本屈指のリゾート山岳景勝地。3,000m級の山々が連なる穂高連峰ふもとにあり、連山と自然の景色が感動的。川の透明度にどれほど驚かされたことか。歩きやすい整備されたコースのハイキングは心が蘇る。最高の思い出だ。...

水が青くなる理由

この付近の湧水には水酸化アルミニウム(Al(OH)3)など、主に白色系の微粒子が含まれており、美瑛川本流の水と混ざることによって分散され一種のコロイドが生成される。水中に差し込んだ太陽光がコロイドの粒子と衝突散乱して水の吸収による青色の透過光が加わり、美しい青色に見えると言われている。水の青さと立ち枯れた木々の幻想的な景観から、その存在がカメラマン等を中心に口コミで広がり、いつの頃から誰からともなく「青い池」と呼ばれるようになった。

出典:ウィキペディア

最初に発見したのは、上富良野在住のプロカメラマン高橋真澄さんという方とのこと。

北海道、よもや日本の歴史的発見でしたね。ありがとうございます!

立ち枯れたカラマツの “哀愁”

立ち枯れたカラマツが、なんとも美しい

生命を失っても、形骸は、そこに在り続ける神秘

感慨にふけってしまう

北海道だと、同じく“哀愁”の絶景をお目にかかれる絶景スポットは、『トドワラ・ナラワワ』

詳しい記事はこちら▼

トドワラ ナラワナ
現在の様子は?北海道の最果て【トドワラ】消えゆく運命【ナラワラ】絶体に見届けたい北海道の東の際、野付半島の奇形地帯(哀愁の絶景)野付半島にある日本一の砂嘴。荒廃な哀愁ただよう光景が一面に広がる”浸食”の世界。独特で特別な景色だ。今、この瞬間が、最後かもしれない。明日消滅してもおかしくはない、朽ち枯れた静寂と哀愁の絶景。...

湖面が映す “綾なす雲の空模様”

哀しきかな、空が雲で覆われているではないか

「晴れ続きの無風の晴天」がベストな撮影のタイミングと聞いていましたが…

無風でミラー効果は抜群に冴えていましたが、太陽光が遮断されているときます

かなりショック

いや、待てよ。これはこれで、絶景ではないか。

重ねるように、波打つようにデザインされた雲が絶妙で、きれい

美瑛ブルーだけではない、美しさ

朽ち枯れたカラマツと、白樺の緑の木々と、緑・黄色・赤の秋色と、青い空と、白い雲と、太陽の煌めきと

エメラルドグリーンの写し鏡にのぞかせる世界が、この瞬間が、全てがドラマチック

美瑛ブルーだけではない、四季折々の季節が、植物が、空が、天の光が、余すことなく美しい

美しいのは美瑛ブルーだけじゃない!?【白金 青い池】富良野・旭川と併せて訪問必至の北海道の絶景でした。

【白金 青い池】と併せて訪れたい、おすすめスポット

白ひげの滝】白金温泉郷のブルーリバー

美瑛川は別名「ブルーリバー」と呼ばれています

眺望スポット「ブルーリバー橋」は無料駐車場から徒歩で3分ほど。

詳しくは後日公開予定。

白金不動の滝】神聖なるパワースポット

白ひげの滝に埋もれて、あまり知られてないのが、こちらの「白金不動の滝」。

白金新四国八十八カ所の霊場となっており石仏が点々と並んでいる、神秘のパワースポット。

ぐにゃりと曲がって流れる姿も、聖地の象徴なのか、見えない力を感じますね。

こちらは美瑛川とは正反対の源流であり、普通に色は透明。

おまけ【神の子池】神が宿る聖なる泉

「白金 青い池」の美しい“青いろ”に感激したという方は、同じく北海道にある【神の子池】も必ず気に入って頂けると思います。

「白金 青い池」からは「神の小池」までは、約5時間かかりますが、感動必至の絶景スポットです。過去記事はこちら▼

神の子池
魚もビックリの青さ【神の子池】(摩周湖の伏流水)コバルトブルーと朽ちない倒木が怖い?聖なる泉のミステリー(北海道の絶景)日本一であり、バイカル湖に次ぐ 世界第2位の透明度の摩周湖。「神の子池」は摩周湖の伏流水。神が宿ると噂の聖なる泉だ。コバルトブルーの池と、池の底に沈む朽ちない倒木が、ミステリアスで美しい。とても神秘的だ。...

アクセス・住所・行き方・駐車場 詳細(車の場合)

住所:北海道上川郡美瑛町白金

駐車場:あり(100台/有料500円)

到着時間:駐車場から徒歩2分

行き方:Googleマップの案内通りで到着

お得な買い物 参考(有名なお土産、地方の特産品・名産品)

美瑛のお土産情報です。

ご参考にどうぞ。

ダイスミルク

美瑛サイダー

丘のおかし くろまめ

トラベルプランのアドバイス(飛行機・ホテルなどの予約方法、役立ち情報まとめ)

スペースワールド
【即完了】旅の予約を一瞬で終わらせる方法!4つの移動手段はコレで解決(旅行・出張・異動・転職時にも役立つ豆知識)一瞬でお得に予約ができるまとめ記事。 ・飛行機、電車、フェリー、バスの予約方法がわかる。 ・飛行機、宿泊、レンタカーなどの予約が一気にできる。 ・お得に安く予約ができる方法がわかる。 ...

周辺の絶景人気・おすすめスポット

【白ひげの滝】

住所: 北海道上川郡美瑛町白金

移動時間: 白金 青い池から、車で5分

白ひげの滝
美瑛に隠された秘密と不思議【白ひげの滝】富良野・旭川から1時間未満の、温泉成分がしたたる北海道の絶景札幌市から車で観光でき、富良野・旭川のエリアと併せて訪問できる。北海道美瑛、白金温泉を流れる“ブルーリバー”美瑛川に、白ひげのように染み出しつたう、落差30mの伏流瀑だ。鮮やかなブルーが神秘的。感動の世界が広がる。...

【白金不動の滝】

住所: 北海道上川郡美瑛町白金

移動時間: 白金 青い池から、車で3分

【美瑛の丘】

住所: 北海道上川郡美瑛町美沢共生

移動時間: 白金 青い池から、車で20分

【赤い屋根のある丘】

住所: 北海道上川郡美瑛町福富

移動時間: 白金 青い池から、車で26分

【セブンスターの木】

住所: 北海道上川郡美瑛町北瑛

移動時間: 白金 青い池から、車で29分

【四季彩の丘】

住所: 北海道上川郡美瑛町新星 第3

移動時間: 白金 青い池から、車で19分

【羽衣の滝】(滝100選)

住所: 北海道上川郡東川町勇駒別

移動時間: 白金 青い池から、車で1時間2分

【旭川市旭山動物園】

住所: 北海道旭川市東旭川町倉沼

移動時間: 白金 青い池から、車で53分

流星の滝】【銀河の滝】(滝100選)

住所: 〒078-1701 北海道上川郡上川町層雲峡

移動時間: 白金 青い池から、車で1時間48分

【当麻鐘乳洞】

住所: 〒078-1341 北海道上川郡当麻町開明4区

移動時間: 白金 青い池から、車で1時間11分

関連記事