MENU
絶景

2021年の滝つぼチャレンジ!【惣滝】今は通行止め?現在の駐車場・行き方を徹底解説(新潟県の絶景)

惣滝

今回の記事には、危険個所への行動内容が含まれています。

旅行中のいかなる損害について、責任を負いかねます。

訪問は自己責任で、十分に注意を行った上でお願いいたします。

”絶景” を求めて訪問した観光スポット約4.000箇所。クルマ日本一周を2度経験した『絵空のブログ』へ ようこそ。

日本の滝100選の中でも好評の新潟県の惣滝

オーバーハングの断崖から真っ逆さまに落ちていく流身は見事なもので、滝マニアたちをこぞって滝つぼへと誘う。

滝壺への道は、断崖に彫り込まれた人ひとりがやっと通れる崖の道。

落ちたらまず命はない。怖いもの知らずの滝愛好家を刺激する、危険な場所。

惣滝の滝つぼへの道は、2019年の時点で崩落し通行止めとなっていると、噂になっていました。

それ以降、滝つぼへ到達したという人物は探したところ、皆無。

完全にログが止まっておりました。

2021年は、果たしてどうなっているのか

調べてみようじゃありませんか!

概要(観光地の魅力・国内旅行情報)

名称: 惣滝

よみ: そうたき

滝型式: 直瀑

落差: 80m

所在地: 新潟県妙高市関山(燕温泉)

営業時間・開業時間: 24時間

ベストシーズン: 紅葉シーズン(10月上旬~10月下旬)

訪問日: 2021年7月2日

訪問時間: PM14:00~15:15

備考: 冬の期間は閉ざされて、通行禁止

惣滝展望台までの所要時間・滞在時間の目安(駐車場に到着から出発)

・お急ぎ・健脚の方:      25分(行き15分、帰り10分)

・じっくり・ご年配の方:  40分(行き25分、帰り15分)

備考: 行きが上り、帰りが下り。

    傾斜はやや強め。

結論:2021年時点、滝壺への道は、完全に “通行止め”

結論から言うと、2021年時点で滝つぼへは、行ける状況ではありませんでした。

道が崖下に落しており、完全なる通行不可能

事前に市の観光課に問い合わせたところ、伝えられた内容は以下の通り。

・土砂崩落で、道がほとんどなく、恐ろしく危険。

・「通行止め」の看板はあるが、自己責任でならOK。

・足場は崩壊しており、打ち込んでいたクサリも抜け落ちているので、行くことは不可能。

以上を考慮するのであれば、自己判断で行く分には問題ないとのこと。

できるだけ間近で見たいし、なぜ行けないのか確かめたい気持ちもあるので、今回行けるところまで行ってみることにしました。

滝つぼ近くには、天然の温泉

惣滝の滝つぼチャレンジのもう一つの魅力が、“天然温泉

滝つぼ近くには、天然の温泉が湧き出ており、昔は温泉を楽しみに足を運ぶ方もいたようで、一層魅力的に感じてきました。

霧に注意。ガスで何も見えない場合が頻発。天候の確認は必須事項。

実は私、惣滝に来るのは2回目なのですが、1回目は霧で数メートル先すら全く見えない状態で、直ぐに退散することとなりました。

1回目の当日は、山のふもとは若干のくもり程度で、天気は決して悪いものではありませんでした。

しかし、標高約1.300mにある山の滝。しかも温泉成分が染み出す煙たい滝でもあるので、霧で姿をくらますタイミングが非常に多い。

寒気が流れ込む秋前後は注意が必要でしょうね。

現地到着までの検索方法 “道案内”

Googleマップの案内通りで到着(駐車場は、温泉街入口手前のスペース)

惣滝001
惣滝002

【惣滝】は、妙高高原の燕温泉の温泉街の奥にあります

駐車場は、上記の写真の場所にとめて下さい

温泉街には、温泉利用の方のみしか駐車することができません

燕温泉周辺の案内図・案内マップ

惣滝003
惣滝004

赤丸で囲っている場所で、惣滝を鑑賞できます

上の画像が分岐になりまして、左に進むと「惣滝展望台」に到着します

右は「惣滝(滝つぼ)」となっていますが、現在は通行不可能です

今回実験で右ルートも挑戦しますが、まずは左ルートを進んでいきます

『黄金の湯』を通過し、駐車場から片道15分で惣滝展望台に到着

惣滝016
惣滝028

分岐からは10分もしない内に惣滝展望台に着きます

途中、露天風呂の『黄金の湯』が右手に現れます

料金は無料で、私が訪問した際は、2名入られておりました

惣滝026
惣滝027

傾斜がけっこうキツイです

息を切らしながら登り、惣滝展望台に到着

目的地に到着!(インスタ映え・フォトジェニック・写真撮影スポット)

惣滝017
惣滝

落差80m、展望台からは上半分しか望めませんが、上部の節理に富んだ断崖が特殊で格好よく、このシーンだけでも大満足

温泉成分の影響か、岩盤はまだらに変色しており、硫黄の香りも遠い展望台まで漂っています

五感フル活用で堪能できる、滝100選に相応しい飛び抜けた滝

惣滝の滝下まで、行けるところまで行ってみよう!

惣滝004

分岐に戻ってきました

今度は右ルートを進んで行きます

滝つぼまでは、この場所から徒歩20分くらい

『そうめん滝』と美しい渓谷の渓流

惣滝006
惣滝019
惣滝018

序盤は平坦な道を行き、渓谷と対岸にそびえる山の美景に酔いしれる

うっすら見える細い線が並ぶ滝は、『そうめん滝

惣滝007
惣滝008

橋を渡れば いよいよ険しい山登り

橋が硫黄のせいか、うっすらと黄色く変色しています

辺りは展望台以上の硫黄臭が、酔ってしまいそうなくらい漂っています

ここからは自己責任(※無理はしない)

惣滝009
惣滝020

通行止めの看板が見えますが、「自己責任ならOK」とのこと

残り180m

数日の間に何名か来ているのか、できて間もない人の足あとがありました

前衛滝『権現滝』と、染み出す温泉成分を含んだ複数の滝

惣滝022
惣滝024
惣滝021
惣滝013

残り100m付近

滝が至る所から染み出すように落ちています

向かって一番右手に大きな滝

惣滝の前衛滝である『権現滝

他にも岩を緑に変色させる、真っ白な滝も垂れていますね

火山の鼓動を感じます

やっぱり、あかんかった。通行不可能の元凶は、この場所

惣滝010
惣滝011

惣滝がうっすら見えてきて、テンションが最高潮に達しようとしたとき、突然の急ブレーキ

あと数十メートルなのですが、最後の難関が、どうしても越えられませんでした

半身になっても通れない幅で、なおかつ崖下側へ流れています

かつて刺さっていたクサリは抜け落ちて捕まる場所もありません

写真ではわかりにくいですが、隣は約40mの断崖

落ちたらまず命はないでしょう

断念せざるを得ません

終点に行けなくても、展望台よりも迫力はgood

惣滝023
惣滝012

展望台から見下ろすよりも、やはり見上げた方が迫力は伝わってきます

滝つぼに行けなかったのは残念ですが、同じ滝100選の『数鹿流ヶ滝』(熊本県)や『米子大瀑布』(長野県)みたく、一切見ることが叶わない滝よりも ずっとマシ

そう言えば、滝100選の滝『安の滝』(秋田県)が、また工事の為、通行止めになったとの情報が

良い滝は、世代を超えて永く永く残して頂ければ、嬉しいですね。

安の滝
日本の滝100選の第2位!【安の滝】(秋田県・中ノ又渓谷) 虹と紅葉に染まる【絶景・秘境】「滝の中で、一番好きだから」熱心に写真撮影で身構えるおじさんが口にする。この日の訪問者は私と2人だけみたいだ。車で行くのも疲弊してしまうほどの厳しい山奥に佇む2人。苦労の末の感動的No.1を共有した思い出の場所だ。...

アクセス行き方・駐車場 詳細(車の場合)

住所: 〒949-2235 新潟県妙高市関山

駐車場: あり

到着時間: 駐車場から徒歩15分

行き方: Googleマップの案内通りで到着

周辺の絶景人気・おすすめスポット

苗名滝(滝100選)

住所: 〒949-2113 新潟県妙高市杉野沢

移動時間: 惣滝から、車で22分

戸隠神社奥社

住所: 〒381-4101 長野県長野市戸隠3690

移動時間: 惣滝から、車で48分

【青海川駅】

住所: 青海川駅、〒949-3661 新潟県柏崎市青海川

移動時間: 惣滝から、車で1時間4分

Oumigawa-eki
人気ドラマ「高校教師」で登場【青海川駅】気づけば電車を降りていた、日本海に一番近い駅(新潟県の絶景)“日本海に最も近い駅”『青海川駅』。1993年放送の人気ドラマ「高校教師」の最終回のロケ地で有名に。聖地として語り継がれ、今なお県外から訪問者が訪れている。閑散とした駅、絶えず流れる打ち寄せる波の音、望郷が胸に迫る夕空の鮮やかさ。皆、青海川駅の美しさを忘れられずにいるのだ。...

龍ヶ窪

住所: 〒949-8204 新潟県中魚沼郡津南町谷内6217

移動時間: 惣滝から、車で1時間42分

龍ヶ窪の池
黄泉がえりの池【龍ヶ窪の池】決して濁らない湧水池の真実と龍神伝説の謎(新潟県の名水100選)鮮やかな金緑に輝く湧水池。水が毎日生まれ変わり決して濁ることのない。”黄泉がえる” 池だ。秋は紅葉、春は新緑が池の水面に反射し、美しい幻想の世界を映し出す。湧水も良質で、飲料水として持ち帰ることもできる。...

【星峠の棚田】(棚田百選)

住所: 〒942-1351 新潟県十日町市峠

移動時間: 惣滝から、車で1時間29分

美人林

住所: 〒942-1411 新潟県十日町市松之山松口1712−2

移動時間: 惣滝から、車で1時間36分

美人林
写真愛好家の聖地【美人林(びじんばやし)】新潟県の宝、美しすぎるフォトジェニックなブナ林の絶景美しい。池に映るブナの木々。あたり一面に広がる落ち葉。凛としたブナの佇まい。注ぎ込む木漏れ日が輝き。360度の見渡す限りのブナ林の味わい深い風景。何もかもが、本当に美しい。...

清津峡

住所: 〒949-8433 新潟県十日町市小出

移動時間: 惣滝から、車で1時間50分

歴史の宿金具屋

住所: 〒381-0401 長野県下高井郡山ノ内町平穏2202

移動時間: 惣滝から、車で58分

北斎館

住所: 〒381-0201 長野県上高井郡小布施町小布施485

移動時間: 惣滝から、車で45分

関連記事