絶景

シーンは天国、気分は極楽【別府地獄めぐり】別府温泉の熱々、絶景ゆらり旅(大分県の7つの地獄)

Beppujigokumeguri

1年の3か月間、”絶景”を求めてクルマで日本一周した『絵空のブログ』へ ようこそ。

湯けむりがあちらこちらで上がり、独特な温泉のにおいが立ち込める街、大分県・別府温泉。

代表的な温泉地を「別府八湯」と呼び、別府をはじめ、明礬・堀田・柴石・鉄輪・観海寺・亀川・浜脇を指します。

今回ご紹介する【別府地獄めぐり】は、別府市の「鉄輪・亀川」の近接した場所に位置し、アクセスが非常に良好。7つの地獄を手軽に短時間で訪れることができます。

【別府地獄】の種類は豊富で、熱湯・熱泥・噴気、そしてワニなど。

どれも一風変わっており、色合いも特徴も香りも、それぞれ異なっています。

足湯を楽しめる温泉があることも、楽しめるポイントのひとつ。

足湯のある温泉だけですが触れて楽しい、見て驚き、嗅いで癒される【別府地獄めぐり】。

7つの地獄の写真映えする天国のようなシーンに酔いしれ、極楽気分が味わえる。

温泉に浸りながら、ゆらり絶景旅ができる大分県の絶体に外せない観光名所です。

【別府地獄めぐり】情報

名称:別府地獄めぐり

よみ:べっぷじごくめくり

所在地:大分県別府市鉄輪559−1 別府地獄めぐり

営業時間:8:00~17:00

訪問日:2015年10月9日

訪問時間:PM13:30~15:30

ホームページ

別府地獄めぐり公式サイト(別府地獄組合)

別府地獄めぐりのおすすめコース

7ヶ所の地獄をゆっくり散策して、約2時間で周れます。(亀の井バスツアーだと3時間)

最初の5つの地獄は歩いて数分の位置です。残り2つの地獄はクルマで5分の位置にあるので、車かタクシー、バスで移動します。

自転車のレンタルもあるようなので、サイクリングで行くのも良しです。

おすすめコースは以下の通り▼

海地獄 → 鬼石坊主地獄 → かまど地獄 → 鬼山地獄 → 白池地獄 → 龍巻地獄 → 血の池地獄

共通観覧券利用がおすすめ

料金は以下の通り

大人(高校生以上)   2,000円

小人(小・中学生)   1,000円

目的地【別府地獄めぐり】に到着(Googleマップの案内通りで到着)

7ヶ所の地獄(海・血の池・龍巻・白池・鬼石坊主・鬼山・かまど)が見学できます

順番に見ていきましょう

地獄1【海地獄】 

国の名勝に指定

別府の地獄の中で最も広大な地獄

オオオニバスと水連が美しい

ラジウム硫酸鉄によってコバルトブルーの清涼感のある寒色ですが、煙がモクモク立つほどの高温。98℃にも達するとのこと。

卵を竹籠に入れ、『海地獄』に浸して茹でた”温泉卵”が名物です。

他にも見どころあり

地獄2【鬼石坊主地獄】(徒歩1分)

鬼石地獄と新坊主地獄が合体した園地を【鬼石坊主地獄】と呼びます

熱い泥の吹き上げが、坊主の頭に似ていることから名づけられました

特徴的で愛らしい地獄

地獄3【かまど地獄】(徒歩3分)

地獄の種類は6種類あります

最もバラエティ性がゆたかな地獄

地獄4【鬼山地獄(ワニ地獄)】

ある意味、恐怖炸裂の地獄

ワニ園があるので、ワニがいっぱい

約100頭のワニが飼育されているとのこと

別府の地獄の中で、最恐の地獄

地獄5【白池地獄】(徒歩1分)

空気に触れると白く濁る不思議な特徴から【白池地獄】と名づけられました

国の名勝にも指定されています

熱帯魚館が併設されており、そちらも見どころ満載

おまけ【山地獄】ミニ動物園

「別府地獄めぐり」の駐車場から徒歩1分の場所にある【山地獄】

料金は、大人500円 小中高校生300円

ポニーやカピバラがいる動物園

地獄めぐりの合間の小休憩にぴったり

地獄6【龍巻地獄】(車で5分)

珍しい間欠泉の地獄

30~40分間隔で噴出し、約100度の温水が約50mまで到達するとのこと

別府市の天然記念物にも指定されています

地獄7【血の池地獄】(徒歩1分)

『豊後国風土記』や『万葉集』にも登場する、1000年以上の歴史を持つ地獄で、国の名勝に指定

酸化鉄などによって朱色に染まっている、おどろおどろしい地獄

怪しい雰囲気

足湯もあり、恐る恐る【血の池地獄】を体験することができる

いい湯加減、足元ぽかぽか

見た目とは裏腹に、とっても心地よい温泉でした

シーンは天国、気分は極楽。別府温泉の熱々、絶景ゆらり旅【別府地獄めぐり】でした。

別府地獄めぐりのおすすめの順番

アクセス(行き方)

住所:大分県別府市鉄輪

駐車場:あり

到着時間:駐車場から徒歩数分

行き方:Googleマップの案内通りで到着

周辺おすすめ絶景スポット

【鉄輪温泉】

住所:大分県別府市鉄輪779

移動時間:別府地獄めぐりから、車で4分

【乙原の滝】

住所:大分県別府市別府

移動時間:別府地獄めぐりから、車で17分

Onbara no taki
大分県別府は温泉だけじゃない!【乙原の滝】市内の外れに落ちる2本の秘境滝滝100選ではないけれど、九州の滝を300本ほど見てきた私が選ぶ、絶体に訪れたい九州の”秘境”滝、トップ3に入るのが【乙原の滝】Googleマップの口コミ評価でも5.0の最高点を記録中(2021年2月時点)。大分県別府市と言えば、「温泉」と「地獄めぐり」で有名ですが、必ず併せて訪れて欲しい、市内近くにある秘境滝です。大分県別府は温泉だけじゃない!市内の外れに落ちる2本の秘境滝【乙原の滝】...

【龍門の滝】

住所:大分県玖珠郡九重町松木

移動時間:別府地獄めぐりから、車で42分

【原尻の滝】(滝100選)

住所:大分県豊後大野市緒方町原尻410

移動時間:別府地獄めぐりから、車で1時間11分

Harajirinotaki
日本の滝100選!【原尻の滝】360度の絶景「東洋のナイアガラ」大分県百景のひとつ大分県百景のひとつに数えられ、「東洋のナイアガラ」と称される日本の滝100選の【原尻の滝】九州の日本の滝100選の滝の中では最も人気が高くポピュラーな滝なのではないでしょうか。隣に道の駅があり、【原尻の滝】に続く遊歩道もしっかり整備され、観光地化されています。【原尻の滝】を様々な場所と角度から眺望できるのも人気の秘密でしょう。...

【沈堕の滝】

住所:大分県豊後大野市大野町矢田2394

移動時間:別府地獄めぐりから、車で1時間4分

Chin danotaki
雪舟も描いた【沈堕の滝】十三条の流れをもつ名瀑とツタが巻きつく美の遺構【旧・沈堕発電所跡】(大分県豊後大野市)時代の変化や歴史、著名人の作品など、見どころ豊富な滝【沈堕の滝】とツタが巻きつく美の遺構【旧・沈堕発電所跡】。「東洋のナイアガラ」で超有名なのが『原尻の滝』。”ナイアガラ”と異名を持つ滝は他にもあり、『原尻の滝』からクルマで17分の場所に存在する。「豊後のナイアガラ」「大野のナイアガラ」と呼ばれているのが【沈堕の滝】。滝見台までの遊歩道にある、異彩を放つ【旧・沈堕発電所】遺構も見どころのひとつ。雪舟の水墨画『鎮田瀑図』が【沈堕の滝】と言われています。...

【日本唯一の「サンドイッチ型城下町」】

住所:大分県杵築市南杵築193−1

移動時間:別府地獄めぐりから、車で34分

Sandoitchi-gata jokamachi
【酢屋の坂】”日本唯一の「サンドイッチ型城下町」”江戸時代の街並みが残る、大分県杵築の絶景土塀と石垣の調和がとれた石畳。江戸時代の街並み。日本唯一の「サンドイッチ型城下町」。杵築の歴史が詰まった、絶景の坂道【酢屋の坂】。杵築には多くの坂が存在し、それぞれ名前を所有していますが、【酢屋の坂】は杵築の代表的な坂の一つ。私個人の感想としては、杵築で一番。いや、九州で一番の”忘れられない凄い坂道”です。...

【湯布院・金鱗湖】

住所:大分県由布市湯布院町川上1561−1

移動時間:別府地獄めぐりから、車で30分

【両子寺】

住所:大分県国東市安岐町両子1548

移動時間:別府地獄めぐりから、車で59分

【熊野磨崖仏】

住所:大分県豊後高田市田染平野2546−3

移動時間:別府地獄めぐりから、車で39分

【真玉海岸】

住所:大分県豊後高田市臼野5125

移動時間:別府地獄めぐりから、車で1時間3分

関連記事