日本一周

三本三様、三位一体の奇跡【三本滝】紅葉が美しい!上高地から車で30分の信州の絶景(長野県)

Sanbontaki

1年の3か月間、”絶景”を求めてクルマで日本一周した『絵空のブログ』へ ようこそ。

日本には、3本の滝が奇跡的に交わる滝が2つ存在すると言われています。

1つ目は、滝100選の称名滝。落差日本一の滝です。

2つ目は、今回ご紹介する、同じく滝100選の【三本滝】。

前者は条件が揃わないと三本にならない、“訳ありの三本滝”ですが、後者は正真正銘、三本が交わる滝。実質的に、日本で唯一の“三本滝”。

三本滝は、長野県松本市安曇地区にある滝で、長野県指定名勝。

3つの異なる沢から融合する滝も凄いが、特筆すべきは、滝の流れ・岩盤・色合いと言った、滝そのものの系統が全く違うこと。想像を超えるメルヘンな光景が広がっています。

日本屈指の山岳リゾート地『上高地』から車で約30分の位置にあるのも嬉しい。美しい自然を求めて乗鞍岳・乗鞍高原を訪れた際は、必ず足を運んでほしい欲しい絶景スポットです。

『上高地』の過去記事はこちら▼

Kamikochi
奇跡の絶景を歩く【上高地】年間200万人が訪れる長野県が誇る"自然美の極地"日本屈指のリゾート地【上高地】は、国内でも珍しい「特別名勝」と「特別天然記念物」の2つの称号を与えられた山岳景勝地です。3,000m級の山々が連なる穂高連峰ふもとにある【上高地】ですが、険しい連山とは対照的になだらかな池のほとりや湿原、川原など、全域に整備されたコースがあり、スニーカーでも気軽に楽しく散策することができます。今回、私は定番の「大正池→田代池→河童橋」+「岳沢湿原」をハイキングします。...

観光地・旅行情報

名称:三本滝(本沢の滝)

よみ:さんぼんだき(ほんさわのたき)

滝型式:直瀑

落差:50m

所在地:長野県松本市安曇(乗鞍高原)

訪問可能期間:6月から11月上旬まで

ベストシーズン:秋(紅葉シーズン)

訪問日:2019年10月31日

訪問時間:AM11:00~12:00

所要時間・滞在時間

●お急ぎ・健脚の方:    約45分

●じっくり・ご年配の方:  約1時間10分

【三本滝】を見るだけであればマイカーでも可。峠を超える場合は、マイカー不可。

「三本滝駐車場」に隣接する「三本滝ゲート」より乗鞍山頂方面の長野県道84号乗鞍岳線(乗鞍エコーライン)は、5/15~10/31までしか開通しておりません。

2020年は7/1~10/31の開通だったようで、年度により前後する場合があるようです。

乗鞍エコーラインは「紅葉の名所」として広く知られている絶景スポットですが、マイカーなどの一般車両は通行できません。

通行する場合は、バスかタクシーが現実的。駐車場までマイカーで来て、自転車で走破する方も多いようです。

【三本滝】を見るだけであれば、「三本滝駐車場」にマイカーを駐車することは可能です。

詳しくは、ホームページをご覧ください▼

乗鞍エコーライン開通 – 乗鞍岳、乗鞍スカイライン公式サイト

「三本滝駐車場」までのエコーラインの景色です。

「紅葉の名所」として知られているのが「乗鞍エコーライン」ですが、三本滝駐車場までの景色も中々。

紅葉の色づきと言い、小高い山頂の積雪と言い、十分満足いく景観。

「乗鞍三滝」の一角(他2つは、善五郎の滝、番所大滝)

乗鞍高原に流れる三本滝、善五郎の滝、番所大滝の3つを総じて、『乗鞍三滝』と呼ばれています。

他2つの滝も迫力満点で、見どころ十分です。

三本滝から、善五郎の滝は車で9分、番所大滝は車で16分で行き来できます。

どちらも駐車場から10分前後、坂道の上り下りがありますが、余裕があるなら一緒に訪れて欲しい場所です。

番所大滝

善五郎の滝

駐車場は「三本滝レストハウス」正面

「三本滝 駐車場」でGoogleマップ検索をかけると、「三本滝レストハウス」正面を案内されるが、こちらが【三本滝】の駐車場となっております。

道路も広々としており、駐車場もがらんとしている為、マイカーだと苦労なく訪問可能。

隣はスキー場。標高1.840mと言うこともあって、10月末で朝霜が確認できるほどでした。

都会と比べると約10度、低い模様。そりゃ、寒いはずだよ…

現地に到着(Googleマップの案内通りで到着)

駐車場から歩いてすぐの場所に入口あり

片道900m、行きが下りで、帰りが上り

徒歩20分弱で「三本滝」に到着します

道は2つあり、右がなだらかな道、左が林道を突っ切る道

途中で合流する道ですが、どちらもハイキング気分で楽に歩ける道です

木でできた階段や橋、木道が整備がされており、まさに観光地といった感じで、手が行き届いており歩きやすい

中間地点に見応えのある無名滝

階段状に流れていく複数の小さな滝

透明度の高い渓流

川床の褐色がかった岩盤が鮮やか

透き通る青い流れ、原生林の緑と綺麗に調和がとれて、目が楽しい

橋を渡って、間もなく到着

目的地に到着!(インスタ映え・フォトジェニック・写真撮影スポット)

見事な三本滝

正面からだとフレームに収まり切れないのが残念

①「無名沢の滝」②「本沢の滝」③「クロイ沢の滝」

長野県名勝三本滝

この「三本滝」は、水源も趣も異なる三つの滝が一か所に合流していることが特徴です。いずれも乗鞍岳の溶岩にかかる滝で、高さは50~60メートル、滝つぼの標高は1,840メートルです。

向かって右側のは、小大野川の支流・クロイ沢にかかり、黒色 の溶岩の上をなめるように流れています。

正面の滝は、小大野川の本流をまっすぐ豪快に流れ岩ちます。

左側の滝は無名の沢にかかっています。 木の間越しに、ひっそりと流下するすがたを見ることができます。

三本滝は、その昔、乗鞍岳にかかわる山岳信仰の修闘者の行場であったと言われています。

滝のまわりにはうっそうとした森林がひろがり、滝を引き立てています。秋には、常緑針葉樹のシラビソやコメツガの緑の中に、落葉広葉樹のカツラ、ダケカンバ、ナナカマドなどの赤や黄色が映え、いっそう美しい景色が見られます。

乗鞍高原には数多くの滝がありますが、この三本滝は、番所大滝、普五郎の滝とともに「乗校三滝」とよばれることもあります。平成二年には「日本の滝百選」 の一つにも選定されました。

案内板より


スマホだと、1枚目が左「無名沢の滝」、2枚目が真ん中「本沢の滝」、3枚目が右「クロイ沢の滝」となります。

『三国志』さながら!?左に関羽、右に張飛、中央に劉備

全く系統も毛色も違う滝が、一か所に交わるという奇跡のような場所

どの滝が一番お好みでしょうか。私は、やはり真ん中の「本沢の滝」。

よく見ると、「本沢の滝」の奥にも もう一段滝があり、なんと言っても、むき出しの茶褐色の地質が美しい。

左の「無名沢の滝」は優しい流線で明晰さを、右の「クロイ沢の滝」は大きくハの字に広がる大胆さ

を。そして、中央に異彩と異色を放つ本沢の滝が威風堂々と君臨。

横山光輝の漫画『三国志』で言うと、左に関羽、右に張飛、中央に劉備ですね。

【三本滝】を一緒に撮影できるスポットがある

正面からだと三本同時に撮影することができません

理由は撮影スポットのど真ん中に高さ10m未満の岩山があるから

「立入禁止」の札があって、登れません…

しかし、ぐるっと周りこむと、うっすらと踏み後があり、難なく上る(登る?)ことに成功

10m未満の岩山の頂上

ちょっと歪ですが、しっかりフレームに収めることに成功。

違う沢から流れていることが、はっきりとわかる角度。最高の一枚。

三本滝ではないですが、似たシチュエーションの場所は他にもあります。

大分県の『乙原の滝』。正確に言うと2滝3筋の滝。詳しい記事はこちら▼

Onbara no taki
大分県別府は温泉だけじゃない!【乙原の滝】市内の外れに落ちる2本の秘境滝滝100選ではないけれど、九州の滝を300本ほど見てきた私が選ぶ、絶体に訪れたい九州の”秘境”滝、トップ3に入るのが【乙原の滝】Googleマップの口コミ評価でも5.0の最高点を記録中(2021年2月時点)。大分県別府市と言えば、「温泉」と「地獄めぐり」で有名ですが、必ず併せて訪れて欲しい、市内近くにある秘境滝です。大分県別府は温泉だけじゃない!市内の外れに落ちる2本の秘境滝【乙原の滝】...

三本三様、三位一体の奇跡【三本滝】紅葉が美しい!上高地から車で30分の信州の絶景でした。

アクセス(行き方)

住所:長野県松本市安曇鈴蘭

駐車場:あり(100台)

到着時間:駐車場から徒歩20分

行き方:Googleマップの案内通りで到着

周辺の人気・おすすめ絶景スポット

【上高地】

住所:長野県松本市

移動時間:三本滝から、車で32分

Kamikochi
奇跡の絶景を歩く【上高地】年間200万人が訪れる長野県が誇る"自然美の極地"日本屈指のリゾート地【上高地】は、国内でも珍しい「特別名勝」と「特別天然記念物」の2つの称号を与えられた山岳景勝地です。3,000m級の山々が連なる穂高連峰ふもとにある【上高地】ですが、険しい連山とは対照的になだらかな池のほとりや湿原、川原など、全域に整備されたコースがあり、スニーカーでも気軽に楽しく散策することができます。今回、私は定番の「大正池→田代池→河童橋」+「岳沢湿原」をハイキングします。...

【平湯大滝】(滝100選)

住所:岐阜県高山市 奥飛騨 温泉郷平湯温泉

移動時間:三本滝から、車で55分

Hirayuotaki
日本の滝100選【平湯大滝】黄金の光が差し込む絶壁の飛騨三大名瀑(岐阜県)「日本の滝100選」「岐阜県の名水50選」にも選定されている飛騨三大名瀑【平湯大滝】”大”と名がついているだけあり、大断層の絶壁から垂直落下し飛沫を吹き上げる様がスペクタクル。私が訪問した日は、日の差し込みと飛沫のシャワーミストで幻想的な装いとなっており、ダイナミックな見た目とは対照的にミステリアスな印象を含ませておりました。季節や時間帯によって、全く違った空気をまとう滝としても有名です。5月下旬には爽やか新緑の白樺林が大滝を囲み、10月上旬からはカエデの赤、ブナ・シラカバの黄色などがあたり一帯を秋色に染め上げ、2月には、滝の結氷した姿をライトアップする「平湯大滝結氷まつり」が開催されます。...

【飛騨大鍾乳洞】

住所:岐阜県高山市丹生川町日面1147

移動時間:三本滝から、車で1時間17分

【松本城】

住所:長野県松本市丸の内4−1

移動時間:三本滝から、車で1時間22分

【奈良井宿】

住所:長野県塩尻市奈良井

移動時間:三本滝から、車で1時間23分

【善五郎の滝】(乗鞍三滝)

住所:長野県松本市安曇鈴蘭

移動時間:三本滝から、車で9分

【番所大滝】(乗鞍三滝)

住所:長野県松本市安曇番所4000

移動時間:三本滝から、車で16分

関連記事