絶景

雪舟も描いた【沈堕の滝】十三条の流れをもつ名瀑と植物が巻きつく美しい日本の廃墟【旧・沈堕発電所跡】(大分県豊後大野市)

沈堕の滝

”絶景” を求めて訪問した観光スポット約4.000箇所。クルマ日本一周を2度経験した『絵空のブログ』へ ようこそ。

東洋のナイアガラ」で超有名なのが『原尻の滝

実は ”ナイアガラ” の異名を持つ滝は他にも存在し、『原尻の滝』から車で17分の場所にある ”もうひとつのナイアガラ” 。

「豊後のナイアガラ」「大野のナイアガラ」とも呼ばれている沈堕の滝が、”もうひとつのナイアガラ”です。

観光地の概要、魅力・旅行情報

名称: 沈堕の滝

よみ: ちんだのたき

滝形式: 直瀑

落差: 17m

所在地: 大分県豊後大野市沈堕

営業時間・開業時間: 24時間

ベストシーズン: 春

訪問日: 2019年3月27日

訪問時間: AM9:00~9:30

所要時間・滞在時間の目安(駐車場に到着から出発)

・お急ぎ・健脚の方:      20分

・じっくり・ご年配の方:  35分

備考:駐車場から片道3分

九州の廃虚の写真・画像検索で目にする「旧・沈堕発電所跡」

旧・沈堕発電所跡

撮影必至!鹿児島県の水没する廃墟『曽木発電所遺構』

過去記事はこちら▼

Sogihatsudenshoiko
ラピュタの世界で哀愁を【曽木発電所遺構】夏に出現するジブリ・クオリティの鹿児島県の絶景はっとさせられる虚構の世界だ。湖底に沈む夏にだけ姿を現す“幻の遺構”。インスタ映えするあせた赤レンガが“ラピュタの城”に似ていると、SNSで知名度が上昇。懐かしい哀愁が胸を温かくする“ノスタルジェニック”な場所だ。...

現地到着までの検索方法 “道案内”

Googleマップの案内通りで到着(駐車場から片道3分で目的地)

駐車場近くに「ちんだの滝ふれあい公園」と「杵築社」があります

下へ降りることができ、歩いて3分ほどで【沈堕の滝】が見えてきます

発電所らしい展示物

『機回転子』

水車と軸によって結ばれ、水車の回転力を受け止め、回転することで電気を起こします。最大出力900キロワットの電気を起こすことができました。およそ一般家庭で400軒分の電気をまかなうことが出来ます。

案内板より引用

滝見台までの遊歩道が見どころ

正面に【沈堕の滝】

眼下には『沈堕発電所跡』

ナイアガラ風の特徴的な滝

廃墟の間を通り抜けて、まっすぐ進む

幻想的な「旧・沈堕発電所遺構」を探検

時が止まったままの状態

発電所跡だけあって頑丈そう

異世界のよう ファンタジック

旧・沈堕発電所跡

ツタの巻きつき具合が絶妙

「天空の城ラピュタ」で出てきそうな光景

青々とした緑のツタで覆われる「春シーズン」が一番の見ごろだろうか

心霊現象あり? ちょっぴり怖いエピソード話もある

『沈堕発電所』の廃墟。【沈堕の滝】の魅力のひとつであることは間違いないのですが、少し怖い

近くには、「岡藩滝落しの刑場跡」があり、その昔、罪人を滝つぼへ突き落していたとか

堕ちて沈む、「沈堕」という名前の由来って、もしかして…

怖くてブルブルしちゃいますね

夜に行けば、軽く心霊スポットです

目的地に到着!(インスタ映え・フォトジェニック・写真撮影スポット)

遊歩道を200m進むと滝見台に出る

【沈堕の滝】(雄滝)には(雌滝)も存在する

沈堕の滝  ~十三条の流れをもつ名瀑~

沈堕の滝は、大野川本流にある「雄滝」と大野川の支流である平井川にある「雌滝」の2つの滝によって構成されています。雄滝は幅97m、高さ17m、雌滝は幅4m高さ18mあり、この本流と支流のぶつかりが滝を生んだと言われています。この滝は、今から600年ほど前に活躍した「雪舟」により水墨画として描かれ、江戸時代の地誌「豊後国志」にも記載されています。「垂直分かれて十三条をなす」と表された滝の流れは、人の手が入ることで実に数奇な運命をたどり現在に至っています。

沈堕の滝を形成している岩石は、阿蘇山の9万年前の大噴火による火砕流によってもたらされたものです。阿蘇溶結凝灰岩と呼ばれる火砕流が冷えて固まった岩であることから、垂直方向に無数のひび割れが入っており、このような景観を生み出すことになりました。縦方向に岩が崩れることで垂直の崖を形成したのです。これは、豊後大野ジオパークにおける特徴的な景観の一つとなっています。

出典:看板の説明文より

【沈堕の滝】補足説明

雪舟の水墨画『鎮田瀑図』が【沈堕の滝】と言われています。

「雌滝」も「岡藩滝落としの刑場跡」も見ていないと、帰ってブログを書いて、ようやく気付く、私…

人工的な堰が少し残念ポイント

【沈堕の滝】の真上には発電所の堤防ができており、見栄えが良くない

水量も以前に比べると少ないよう

【沈堕の滝】を覆う柱状節理の岩壁は見ごたえあり

時代の変化や歴史、著名人の作品。そして、ちょっぴり怖い逸話。

知れば知るほど見どころ豊富な滝と遺構です。

アクセス・行き方・駐車場(車の場合)

住所: 大分県豊後大野市大野町矢田

駐車場: あり

到着時間: 駐車場から徒歩3分

行き方: Googleマップの案内通りで到着

周辺の絶景人気スポット・おすすめスポット

【原尻の滝】(滝100選)

住所: 大分県豊後大野市緒方町原尻410

移動時間: 沈堕の滝から、車で17分

原尻の滝
日本の滝100選!【原尻の滝】360度の絶景「東洋のナイアガラ」大分県百景のひとつ大分県百景のひとつに数えられ「東洋のナイアガラ」と称される。九州の滝100選の中で、最もポピュラーな滝と言える。隣に道の駅があり、しっかり観光地化されて見やすい。春のチューリップと冬のイルミネーションも絶景だ。...

【稲積水中鍾乳洞】

住所: 〒879-7263 大分県豊後大野市三重町中津留300

移動時間: 沈堕の滝から、車で21分

【白川水源】

住所: 熊本県阿蘇郡南阿蘇村白川

移動時間: 沈堕の滝から、車で1時間17分

白川水源
名水100選【白川水源】水の都 熊本県南阿蘇村の奇跡の湧水【絶景・癒し】九州の阿蘇山は、本州でいう富士山のようなイメージ。ふもとの阿蘇村周辺は観光名所の宝庫。全国でも有数の湧水地としても知られる。湧水地の中では白川水源が抜群。南阿蘇の山容と田園風景で飲む名水は、身心を癒してくれる。...

【高森殿の杉】

住所: 熊本県阿蘇郡高森町高森

移動時間: 沈堕の滝から、車で13分

高森殿の杉
樹齢400年超【高森殿の杉(たかもりどんのすぎ)】自然と生命の芸術、熊本県阿蘇の縁結び・パワースポット(大杉の絶景)熊本県阿蘇の縁結びの夫婦杉。菅野美穂さんと堺雅人さんの縁結びの場所。カップルや夫婦がよく訪れている。夫婦のように仲良くたたずむ2本の巨大な杉。迫力満点。自然と生命の芸術的パワースポットだ。...

【大観峰】

住所: 熊本県阿蘇市山田

移動時間: 沈堕の滝から、車で1時間16分

大観峰
360度の大パノラマ【大観峰】九州一の絶景が見渡せる眺望の地(熊本県阿蘇)阿蘇の最高峰。阿蘇の街並みや阿蘇五岳、くじゅう連山まで、阿蘇を丸ごと一望できる。天体観測や星空絶景散歩、運が良ければ雲海や日の出も見れる。アクティビティ体験が豊富で、ツウな楽しみ方も満載。本当に贅沢すぎる。...

【清水滝】

住所: 熊本県阿蘇郡南阿蘇村白川

移動時間: 沈堕の滝から、車で1時間13分

清水滝
奇跡の滝【清水滝】ここは天国?地獄?神なの?仏なの?熊本県阿蘇の謎に満ちた神秘のほこら【絶景・自然の芸術】熊本阿蘇の神秘と謎に満ちた秘境滝。驚くほど、色鮮やかで豪華。岩石の赤褐色、地を染める黄金色、滝つぼのエメラルドブルー、光り輝く緑藻のカーテン。熊本県阿蘇のカルデラが起こした自然の芸術。神の所業。奇跡の滝だ。...

【乙原の滝】

住所: 大分県別府市別府

移動時間: 沈堕の滝から、車で1時間10分

乙原の滝
大分県別府は温泉・地獄めぐりだけじゃない!【乙原の滝】市内の外れに落ちる2本の秘境滝九州の中だと、私の指折りの滝。Googleの口コミ評価でも5.0の最高点だ(2021年7月時点)。大分県別府市と言えば「温泉」と「地獄めぐり」で有名だが、市内近くにあり、是非併せて訪れて欲しい場所だ。...

【観音滝】

住所: 大分県豊後大野市

移動時間: 沈堕の滝から、車で45分

観音滝 大分県豊後
知られざる山奥の秘境【観音滝】険しい道の先にある75m巨滝(大分県豊後大野市)写真を見て一目惚れし、勢いで行くことを決意。しかし行き方がネットにない。現地の人に聞き、何とか到達に成功。道はかなり荒れており、危険個所もあったが、秘境にふさわしい絶景に出会えた。落差70mはやはり強烈だ。...

【米塚】

住所: 熊本県阿蘇市乙姫

移動時間: 沈堕の滝から、車で1時間17分

米塚
”阿蘇のえくぼ”カルデラのシンボル【米塚】あわせて訪問したい阿蘇観光スポット「熊本県の国名勝・天然記念物」阿蘇くじゅう国立公園を代表する景観で、阿蘇のジオサイトのひとつ。約3300年前の噴火で形成された、日本一均整のとれたスコリア丘。一年を通じて四季を感じさせてくれる美しい丘だ。現在は修復の為、登山は禁止。...

【別府地獄めぐり】

住所: 大分県別府市鉄輪559−1

移動時間: 沈堕の滝から、車で1時間4分

沈堕の滝
雪舟も描いた【沈堕の滝】十三条の流れをもつ名瀑と植物が巻きつく美しい日本の廃墟【旧・沈堕発電所跡】(大分県豊後大野市)時代の変化や歴史、著名人の作品に登場する滝。美しい日本の廃墟として有名な「旧・沈堕発電所跡」も見どころの一つだ。超有名な「原尻の滝」から車で17分。是非セットで訪問して欲しい。...

【九酔渓】

住所: 〒879-4911 大分県玖珠郡九重町田野

移動時間: 沈堕の滝から、車で1時間15分

九酔渓
渓谷美と9つの滝が素敵な【九酔渓】温泉・大分県の紅葉と新緑が美しい滝街道の絶景(駐車場なし、訪問方法も解説)険しい断崖絶壁が2キロ続く『九酔渓』は、日本一の高さを誇る「九重“夢”大吊橋」が架かる鳴子川渓谷に含まれる。紅葉人気で、秋の訪問がベスト。近くには秘湯「九酔渓温泉」もあり、心と身体の疲れを芯から癒してくれる。...

【東椎屋の滝】(滝100選)

住所: 〒872-0724 大分県宇佐市安心院町東椎屋

移動時間: 沈堕の滝から、車で1時間25分

東椎谷の滝
華厳の滝以上の渓谷美【東椎屋の滝】大分県宇佐市の日本の滝100選”九州の華厳の滝”落差85mの大瀑であり美瀑でもある。同じ宇佐市の西椎屋の滝、福貴野の滝と並んで「宇佐の三瀑」と賞される。栃木県日光の華厳の滝に似ており『九州華厳』とも呼ばれているが、正直、渓谷美は華厳の滝以上の見応えだ。...

【岳切渓谷】【大飛の滝】

住所: 〒872-0346 大分県宇佐市院内町定別当

移動時間: 沈堕の滝から、車で1時間41分

大飛の滝
清流の沢歩きが楽しい【岳切渓谷(たっきりけいこく)】と奥に潜む秘境滝【大飛の滝】大分県宇佐市の大冒険澄みきった清流の中を歩ける「岳切渓谷」。夏場には家族連れで大賑わいだ。実は2キロ先の最深部に「大飛の滝」があるが直接は行けない。車で周りこむのだが、結構な険しい探検となる。しかし、秘境感ただよう絶景だ。...
関連記事