絶景

別府温泉巡りよりも石仏巡り!【熊野磨崖仏】2体の岩壁に掘られた国内最古、太古の神仏(大分県国東半島の絶景)

Kumano magaibutsu

1年で3か月間、”絶景”を求めてクルマ日本一周した『絵空のブログ』へ ようこそ。

大分県豊後高田市、磨崖仏巡りで有名な国東半島で、国内最古にして最大級の磨崖仏【熊野摩崖仏】。

磨崖仏の多くは劣化が進んでおり、保存・修復が問題視されています。【熊野磨崖仏】は、磨崖仏彫刻の初期、平安時代に彫られたと言われておりますが、状態は非常に良好。「国の重要文化財及び史跡」に指定されるほど、考古学的にも重要な摩崖仏。

鳥居から熊野磨崖仏まで続く100段もの石段は、昔、鬼が一晩で築いたと伝えられています。長さ300mのせり上がる様に積み上げられた石段は圧倒的。つい、上るのを躊躇してしまうほど。

石段を上り終えると、右手に引き締まった表情の「大日如来(約6.7m)」と、左手に微笑んでいるかのような表情の「不動明王(約8m)」の磨崖仏。デザインも秀逸で、美術的観点で見ても見事。県内一の磨崖仏と言ってしょう。

温泉・地獄巡りで有名な大分県ですが、国東半島の磨崖仏巡りも決して負けていません。

脈々と受け継がれる和の心を学びながら、歴史とのふれあいを楽しんでみてはいかがでしょうか。

観光地・旅行情報

名称:熊野磨崖仏

よみ:くまのまがいぶつ

所在地:大分県豊後高田市田染平野2546−3

訪問日:2017年11月23日

訪問時間:AM11:00~11:40

所要時間・滞在時間(駐車場に到着から出発)

・お急ぎ・健脚の方:    25分

・じっくり・ご年配の方:  1時間

備考:行きが上り、帰りが下り

営業時間・拝観料について

営業時間: 5月~10月 8:30~17:30

      11月~4月 8:30~17:00

拝観料:  一般・高校生300円、小・中学生150円

磨崖仏(まがいぶつ)とは?

自然の懸崖または大石に仏像を彫刻したもの。

出典:磨崖仏とは – コトバンク

懸崖とは、切り立った崖のこと。断崖絶壁です。

ちなみに「石仏」は、崖にではなく、石に掘られた仏像のことです。

磨崖仏ですが、たまにすっっっごい高くて足場もない場所で、ぽつんと、掘りこまれてますよね。

鹿児島県の『清水磨崖仏』とか。

あれ、どないして掘ったんやろか、昔の人は…

と思うポイントがあって、謎が深まるばかり。

イースター島のモアイ像くらい、謎が多いです。

写真は宮崎県の「サンメッセ日南」

磨崖仏のほとんどが、大分県が保有

日本に現存する磨崖仏の約8割が、有名な国宝・臼杵磨崖仏群をはじめ、大分県のおよそ40箇所で保有されています。

平安時代から室町時代にかけて彫られた磨崖仏はですが、「熊野磨崖仏」は平安時代末期に作られたと言われています。磨崖仏の長い歴史の中でも、古く重要な磨崖仏であることが推察されます。

現地に到着(Googleマップの案内通りで到着)

駐車場から徒歩3分で入口到着

入口近くの料金所で300円を納め、拝観開始

程なくして、噂の100段の石段に到着

300mと、そんなに長い距離でもないのですが…

「ほら、上ってみろよ」

そうと言わんばかりの威圧感

鬼が一晩で築いたと言われる、センスが光る急階段

大小さまざまな石のチョイスで、足の踏み場に困る

グラグラする石もあり、足元がおぼつかない

雨の日や、不安な方は手すりを掴んで上るのが良いでしょう

小まめに休憩しながら、ゆっくりゆっくり、階段を上がっていく

目的地に到着!(インスタ映え・フォトジェニック・写真撮影スポット)

私は健脚なので、10分程で登り終えました

左手に微笑んでいるかのような表情の「不動明王(約8m)」

微笑んでる?怒っているようにも見えますが

そんな人、たまにいますよね

右手に引き締まった表情の「大日如来(約6.7m)」

引き締まってる?寝てて、緩んだ表情に見えるのは、私だけなのか

いずれにせよ、感動と和みを与えてくれる、素晴らしい磨崖仏

石段を登りきると熊野神社

2体の磨崖仏から、さらに50mほど階段を上ると、「熊野神社」あり

「熊野神社」でお参りをし、しっかり休んで、息を整えてから帰ると良いでしょう

いびつで不揃いな石を踏み越えて…

帰りの方がデンジャラスなので、転倒しないように、落ち着いて慎重に階段を下りていきましょう。

別府温泉巡りよりも石仏巡り!【熊野磨崖仏】2体の岩壁に掘られた国内最古、太古の神仏でした。

アクセス・行き方(車の場合)

住所:大分県豊後高田市田染平野2546−3

駐車場:あり(20台)

到着時間:駐車場から徒歩2分で入口

行き方:Googleマップの案内通りで到着

周辺の絶景人気スポット・おすすめスポット

【別府地獄めぐり】

住所:大分県別府市鉄輪559−1

移動時間:熊野磨崖仏から、車で40分

Beppujigokumeguri
シーンは天国、気分は極楽【別府地獄めぐり】別府温泉の熱々、絶景ゆらり旅(大分県の7つの地獄)【別府地獄めぐり】は、大分県・別府温泉「鉄輪・亀川」の近接した場所に位置し、アクセスが非常に良好。7つの地獄を手軽に短時間で訪れることができる。熱湯・熱泥・噴気、ワニなど、種類が豊富。足湯を楽しめる温泉もある。7つの地獄の写真映えする天国のようなシーンに酔いしれ、極楽気分が味わえる。温泉に浸りながら、ゆらり絶景旅ができる大分県の絶体に外せない観光名所。...

【酢屋の坂(日本一のサンドイッチ型城下町)】

住所:大分県杵築市杵築

移動時間:熊野磨崖仏から、車で28分

Sandoitchi-gata jokamachi
【酢屋の坂】”日本唯一の「サンドイッチ型城下町」”江戸時代の街並みが残る、大分県杵築の絶景土塀と石垣の調和がとれた石畳。江戸時代の街並み。日本唯一の「サンドイッチ型城下町」。杵築の歴史が詰まった、絶景の坂道【酢屋の坂】。杵築には多くの坂が存在し、それぞれ名前を所有していますが、【酢屋の坂】は杵築の代表的な坂の一つ。私個人の感想としては、杵築で一番。いや、九州で一番の”忘れられない凄い坂道”です。...

【東椎屋の滝】

住所:大分県宇佐市安心院町東椎屋

移動時間:熊野磨崖仏から、車で37分

Higashishiyanotaki
華厳の滝以上の渓谷美【東椎屋の滝】大分県宇佐市の日本の滝100選”九州の華厳の滝”大分県宇佐市の落差85mの大瀑であり”美瀑”、日本の滝100選にも選ばれている【東椎谷の滝】同じ宇佐市の西椎屋の滝、福貴野の滝と並んで「宇佐の三瀑」と賞されています。栃木県日光の華厳の滝(けごんのたき)に似ていることから、名づけられたのが『九州華厳』。国の名勝「耶馬渓」の一部として扱われており、断崖の重厚な岩盤がまさに「耶馬渓」そのもの。【東椎谷の滝】に繋がる渓谷も、特徴ゆたかな自然美が散りばめられた圧巻の造形。渓谷美だけで見ると、間違いなく『華厳の滝』以上。「耶馬渓」さながらの岩壁から雪崩落ちる激流と舞い散るしぶき。立ち込めるマイナスイオンで癒される渓谷。【東椎谷の滝】で、至福のひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。...

【乙原の滝】

住所:大分県別府市別府

移動時間:熊野磨崖仏から、車で43分

Onbara no taki
大分県別府は温泉だけじゃない!【乙原の滝】市内の外れに落ちる2本の秘境滝滝100選ではないけれど、九州の滝を300本ほど見てきた私が選ぶ、絶体に訪れたい九州の”秘境”滝、トップ3に入るのが【乙原の滝】Googleマップの口コミ評価でも5.0の最高点を記録中(2021年2月時点)。大分県別府市と言えば、「温泉」と「地獄めぐり」で有名ですが、必ず併せて訪れて欲しい、市内近くにある秘境滝です。大分県別府は温泉だけじゃない!市内の外れに落ちる2本の秘境滝【乙原の滝】...

【岳切渓谷】【大飛の滝】

住所:大分県宇佐市院内町定別当

移動時間:熊野磨崖仏から、車で53分

Takkiri keikoku ootobunotaki
清流の沢歩きが楽しい【岳切渓谷】と奥に潜む秘境滝【大飛の滝】大分県宇佐市の大冒険澄みきった清流の中をジャブジャブ歩くことができる【岳切渓谷】は、夏場になると家族連れでにぎやかになりますが、実は2キロ先の最深部に【大飛の滝】という秘境滝が存在します。【岳切渓谷】からでは行き止まりとなっており【大飛の滝】を見ることができません【大飛の滝】に行くには、結構な険しい探検を敢行しなければなりません。冒険のはじまりはじまり。...

【両子寺】

住所:大分県国東市安岐町両子1548

移動時間:熊野磨崖仏から、車で24分

【田染荘】

住所:大分県豊後高田市田染小崎

移動時間:熊野磨崖仏から、車で9分

【真玉海岸】

住所:大分県豊後高田市臼野5125

移動時間:熊野磨崖仏から、車で30分

Matama kaigan
愛とロマンの夕日の絶景【真玉海岸】ファミリーで楽しむ潮干狩り・海水浴でアクティビティも充実(大分県国東半島)干潟に美しい縞模様を描く、国東半島の【真玉海岸】。大分県で唯一、夕日が沈む「日本の夕陽百選」の海岸。真っ赤な夕日に照らされた縞模様の海岸は、人々を心酔させる珠玉の絶景。通称「恋叶ロード」上にあり夕焼けドライブデートに最適で、大切な人との特別なシチュエーションが約束された場所。春はマテガイ掘りやアサリなどの潮干狩り、夏は海水浴場と、レジャースポットとしても大活躍。老若男女、多くの人々に至福の時を与える、ファンタジックな海岸。...

【宇佐神宮】

住所:大分県宇佐市南宇佐2859

移動時間:熊野磨崖仏から、車で28分

関連記事