絶景

まさに幻!?緑仙峡【鵜の子滝】熊本県山都町のもうひとつのうのこ滝【絶景・秘境】

こんにちは、絵空です。

今回、紹介する【鵜の子滝】ですが、すでに訪問済みだと思い込んみ、ずっと放置していた場所です。

なぜかと言いますと…

近くにもうひとつ、宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町川曲の【うのこ滝(鵜の子滝)】という場所が存在し、てっきり訪問したものと勘違いしていたからです

でも、調べたら そういう方、結構いるみたいです

だって、某有名旅行サイトの写真も間違って掲載しているくらいですからね…

Unokonotaki
日本一!最大の滝つぼ【うのこ滝】宮崎県五ヶ瀬町のもうひとつの鵜の子滝【絶景・秘境】滝つぼの直径はおよそ100m、面積は実に5000㎡で日本最大 ”日本一”生い茂る森林のど真ん中、柱状節理の奇岩に囲まれた台地の裂け目から轟音をひびかせ、圧倒的な存在感を放つ、雄大な【うのこ滝】。鳴りやまない轟音。もの凄い迫力。滝つぼの広さ日本一にして最大の巨大インパクト。誰もいない孤独な世界。心の静寂の拠り所。 自分だけの空間が堪能できる ”感動の秘境” 【うのこ滝】...

滝情報

名称:鵜の子滝

よみ:うのこたき

滝形式:直瀑

落差:40m

所在地:熊本県上益城郡山都町矢部

見ごろ:紅葉シーズン

訪問日:2021年1月1日

車でのアクセスに難あり、駐車場まで激ムズコースが続く

看板の注意書きにも書いている通り、【鵜の子滝】に一番近い駐車場まで道が非常に狭く、何か所か道がもろくなっている場所もありました。

クルマで狭い道は多く体験してきましたが、今回の場所は最高何度でした

グーグルマップは現在、目的地のポイントを少し外しています。

信じて進むと、とんでもない場所にたどり着きますので、ご注意を。

詳しくは、一番下の『アクセス』をご覧ください

このバス停の脇を突き進むと滝から一番近い駐車場に着きますが

悪いことは言わないから、必ずこの場所にクルマを駐車しましょう

バス停の前後100メート付近に駐車できるスペースがあります

他には駐車場らしき場所はなし

この風景を見る限り、滝すらあるように感じない

地図で言うと、『現在地』の場所

私は道が細いとは知らず、クルマで突き進んでしまいました

わたしのクルマは軽自動車なので何とか進行できました

普通車以上は絶対に進入されないことをお勧めします

特に終盤とか、脱輪ぎりぎりの道でしたから

駐車場に到着

これは遊歩道か?と思えるほど極細の道の先

涙目になりながら、何とか駐車場までたどり着きました

バス停近くから歩いてだと、たぶん20分くらいかな

鵜の子滝巡りトレッキングコース

駐車場からは坂道を下っていきます

雪も相まって、滑るか不安になるくらいの勾配

目的地に到着!

駐車場から歩くこと10分

鵜の子滝トレッキングコース、第一の滝【つばめ滝】

直瀑10mの滝 けっこう豪快

案内看板には「川原」とだけ書いていたけど、

正式名称は【広川原】というそうです

なかなかの ”絶景” ですよ!?

流れる川が心地良い

規模が小さめの菊池渓谷と言った感じ

この甌穴も名前つけてあげて欲しいな

”ひょうたん甌穴”

いかがでしょうか 月並みですか

トレッキングコースはアップダウンが激しくないものの

たまに慎重に歩いていく必要あり

川沿いと言ってもコースは山みち

滝の名前がいっぱい

全て制覇することが本日の目標

つばめ滝から10分くらいで【鷹の滝】に到着

直瀑20mの滝

つばめ滝よりも さらに豪快

わずかに凍結が

【鷹の滝】(真上)

熊本県、宮崎県は巨大な滝が多いから、見下ろす景色が多い

【鵜の子滝】に到着

【鷹の滝】から3分ほどで展望所に到着

角度的に少し隠れてしまっている

そそり立つ岩壁が ひときわ荘厳

ボコボコと角ばった柱状節理の壁が特徴的

宮崎県のもうひとつの【うのこの滝】と どこか似ている

どこまでも ややこしい

直瀑40mの【鵜の子滝】

木がちょっとお邪魔

すとんと落ちる きれいでシャープな直線が魅力の滝なので、少し残念

とは言え見応え十分

”幻の滝”

【幻の滝】、それが【鵜の子滝】のもうひとつの呼び名

多種多様の滝と渓谷美が連なる一風変わった緑仙峡

 ”幻” とも思えるくらいに たどり着くのが困難、中々レアな【鵜の子滝】でした

展望所への道もある

せっかくなので、【うなぎ滝】【白糸の滝】が見られるという展望所「桃源郷」へ向かうことに

以前は「鵜の子滝展望所」から歩いて展望所まで移動できたようですが、現在は通行止め

仕方なく、クルマで展望所「桃源郷」まで周り込むことに

地図で見る限り 行けそうだから 行く決意をしました

鵜の子滝に一番近い駐車場までの道ほどではありませんでしたが

中々ハードな山道でした

とは言え、無事 到着

展望所 ”桃源郷”

景色は良いけど、肝心の滝が見えない

【うなぎ滝】【白糸の滝】はどこ?

枯れ滝なのかな? まったくわからない

カメラの30倍ズームを駆使しても結局お目当ての滝は特定できず

展望所までは来る必要なかったかな、といった印象ですが

良い冒険ができたので、これはこれで楽しい思い出です

今度は水量が増える大雨の次の日にでも来てみようかな。

アクセス(駐車場ポイント)

住所:熊本県上益城郡山都町矢部

駐車場:あり(5台くらい)

到着時間:駐車場から徒歩

グーグルマップは現在、目的地のポイントを少し外しています。

信じて進むと、とんでもない場所にたどり着きますので、ご注意を。

詳しくは、『アクセス(駐車場ポイント)』の上記地図をご参照ください。

周辺おすすめ観光スポット

【うのこ滝】

住所:宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町川曲

移動時間:鵜の子滝から、車で35分

Unokonotaki
日本一!最大の滝つぼ【うのこ滝】宮崎県五ヶ瀬町のもうひとつの鵜の子滝【絶景・秘境】滝つぼの直径はおよそ100m、面積は実に5000㎡で日本最大 ”日本一”生い茂る森林のど真ん中、柱状節理の奇岩に囲まれた台地の裂け目から轟音をひびかせ、圧倒的な存在感を放つ、雄大な【うのこ滝】。鳴りやまない轟音。もの凄い迫力。滝つぼの広さ日本一にして最大の巨大インパクト。誰もいない孤独な世界。心の静寂の拠り所。 自分だけの空間が堪能できる ”感動の秘境” 【うのこ滝】...

【五老ヶ滝】

住所:熊本県上益城郡山都町長原219

移動時間:鵜の子滝から、車で10分

【日本一の石段】

住所:熊本県下益城郡美里町坂本

移動時間:鵜の子滝から、車で42分

Nihonichi no ishidan shakainmisakayuhodo
限界を超える挑戦!【日本一の石段(釈迦院御坂遊歩道)】熊本県美里町の3,333段の石段登り1988年に町づくりのシンボルを狙って建設されたのが【日本一の石段(釈迦院御坂遊歩道】言わずと知れた、日本一の階段数3,333段を備えた日本一体力を酷使する観光スポットです。どんな運動自慢でも、艱難辛苦の筋肉痛からは、まず逃れられないでしょう。日本第二位、山形県の羽黒山(階段数2,446段)は潔く車で頂上に向かいましたが、【日本一の石段】には車で山頂に行けるコースなどありません。頂上に たどり着くには、階段を一段一段、一歩一歩上がっていくしか方法がありません。では、チャレンジ開始。...

【高森殿の杉】

住所:熊本県阿蘇郡高森町高森

移動時間:鵜の子滝から、車で53分+徒歩7分

takamoridonnnosugi
樹齢400年超【高森殿の杉】自然と生命の芸術 熊本県阿蘇の縁結び・パワースポット【絶景・B級スポット】熊本県阿蘇の縁結びの夫婦杉、【高森殿の杉】はご存じですか?某有名女優さんの縁結びの場所。夫婦のように仲良くたたずむ2本の巨大な杉。決して寄り添うことはなく、互いを信じ、尊重し、思いやる。現代の理想的、夫婦の象徴”夫婦杉”。迫力満点!自然と生命の芸術、熊本県阿蘇の縁結び・パワースポット【高森殿の杉】...

【白川水源】

住所:熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字白川

移動時間:鵜の子滝から、車で58分

sirakawasuigenn
名水100選【白川水源】水の都 熊本県南阿蘇村の奇跡の湧水【絶景・癒し】九州の阿蘇山は、本州でいう富士山のようなイメージ。観光の名所が盛りだくさん。とくに阿蘇村周辺は湧き水が多く、しかも清らかでやわらかな感じ。今回おとずれた白川水源は、中でも抜群にきれいでした。南阿蘇村の周辺は名水の田園風景と阿蘇の山々を眺めながら「南阿蘇水源巡り」がおすすめ。...

【清水滝】

住所:熊本県阿蘇郡南阿蘇村白川

移動時間:鵜の子滝から、車で1時間

奇跡の滝【清水滝】ここは天国?地獄?神なの?仏なの?熊本県阿蘇の謎に満ちた神秘のほこら【絶景・自然の芸術】熊本県阿蘇の神秘と謎に満ちた奇跡の秘境【清水滝】見どころ満載!色彩が色鮮やか。岩石の赤褐色、地を染める黄金色、滝つぼのエメラルドブルー、光り輝く緑藻のカーテン。熊本県阿蘇のカルデラが起こした自然の芸術、奇跡の滝。...

【大観峰】

住所:熊本県阿蘇市山田

移動時間:鵜の子滝から、車で1時間26分

Daikanbo
360度の大パノラマ【大観峰】九州一の絶景が見渡せる眺望の地(熊本県阿蘇)天体観測や星空の下の絶景散歩もできるし、運が良ければ早朝 ”雲海” が現れる。楽しめるポイントは眺望だけではありません。アクティビティ体験豊富、ツウな楽しみ方満載。標高936m。阿蘇外輪山の最高峰にあたる場所で、阿蘇の街並みや阿蘇五岳、くじゅう連山まで、阿蘇を丸ごと一望できる、阿蘇国立公園【大観峰】...

【米塚】

住所:熊本県阿蘇市乙姫

移動時間:鵜の子滝から、車で1時間15分

Komedzuka
”阿蘇のえくぼ”カルデラのシンボル【米塚】あわせて訪問したい阿蘇観光スポット「熊本県の国名勝・天然記念物」阿蘇くじゅう国立公園を代表する景観であり、阿蘇のジオサイトのひとつとしても知られる草原の山【米塚】高さ約80メートル、約3300年前の噴火で形成された、日本一均整のとれたスコリア丘。スコリア丘とは、「火山活動で【米塚】のような形に変化した山」と言えばわかりやすいですね。おわんを逆さまにしたような美しい形で、頂上部分の大きなくぼみが特徴。山頂のくぼみが、人が笑ったときにできるえくぼに似ていることに由来して「阿蘇のえくぼ」との異名も持ちます。【米塚】の斜面は柔らい草原に覆われているので、春から夏にかけては緑一色、秋にはススキ、早春には野焼きで灰色に染まり、一年を通して美しい景色を見ることができます。現在では、登山によって荒らされた斜面の修復を目指し、登山禁止となっています。【米塚】を見ると、静岡県の『大室山』を思い出します。こちらも【米塚】と同じスコリア丘。...
関連記事